あきおうのDIARY2019(7〜8月)

7/1 昨日落札終了した注目のヤフオク出品商品のご紹介。まずはNSX-R純正ブラシ
  1年前に箱なしを入手したばかりなので入札はしませんでしたが、箱ありだとこの
  お値段。ちょっと手は出せないです。次はSpark1/43「NSX GT3 Catrol」
  6月中旬に発売されたばかりの定価8,100円の商品が5,000円スタートは魅力的
  でしたが、結局微妙な価格まで値上がりし断念。そして最後はアイドロン1/43
  「NSX(NC1)」
。5月中旬発売のこのモデルは頑張って落札すべき商品でした。
  開始価格13,000円が16,600円まで値上がりしましたが、定価は30,240円もす
  るんです。アイドロンとイデアブランドを展開するメイクアップのレジンモデ
  ルはとにかく高価で、これまで10種しか入手できていないのですが、いずれも
  初代NSX。新型NSXは1台もないので買っておけば良かったと今さら後悔…。


▲欲しくても入札・落札できなかったヤフオク出品商品の数々…。

7/2 2019年5月12日に個人輸入品と思われるホットウィールの新色がヤフオクに初
  登場し、ここでも画像をご紹介したのですが、しばらく様子見していました。なかなか
  正規輸入版が出回らず、価格もこれまでの国内未発売モデルほど高くなかったため、6
  月末に落札して入手したので改めてご紹介します。ブルーは、'17ACURA NSXの最初
  期モデルにありましたが、2台を比較すると最初期モデルのブルーはややグリーンがか
  っていてメタリックの粒子が目立つのに対し、この新色は鮮やかでしっとりとしたブ
  ルーです。モデル裏板の刻印は「M13」。パッケージ裏面の刻印は謎のシールが貼ら
  れているため確認できませんでした(元々ないのかも)。
NSX総グッズ数は4847点に。


「ホットウィール」コーナーに14枚の画像を掲載。

7/3 昨年末11月25日にご紹介したセイコーアストロンNSXモデルの中古品は、12月
  1日に171,000円で落札され安値更新しましたが、その後はちょこちょこ出品はある
  ものの特に安い商品は現れませんでした。そこへ昨夜20万円スタートの商品が登場。
  最安値記録には及びませんが、23万円に即決価格が設定されたなかなかのお買い得
  商品だと思います。オークションページにはシリアルナンバーも掲載されています。


▲私はちょっと手が出ませんが興味のある方は
 探してみてください。(「ヤフオク!」より)

  3月15日にご紹介した3月9日ヤフオク初登場のNSX鉛筆が久しぶりに登場。しかし、
  以前ご紹介した商品が箱付きの完品だったのに対し、今回の商品は筆箱とのセットで
  鉛筆はバラの6本のみというもの。これで6,000円スタートではちょっと入札できま
  せん。ただオークションページの「ホンダベルノ店で購入した」という情報は貴重。


▲筆箱のセナとマクラーレンの組み合わせが懐かしいですね。
 あの頃のF1ブームは本当にすごかった。(「ヤフオク!」より)

7/4 本日出張のついでに車検の終わったオデッセイを回収してきました。オイル類や
  フィルター類の交換のみで、大がかりな部品交換などはなかったのですが、それでも
  総額142,000円。先日のNSXの修理代と一緒に支払いを済ませてきましたが、先月
  の自動車税と合わせて、なかなかに痛い出費。NSXの修理中も車検に出す前のオデ
  ッセイに乗らず、ずっと代車のフリード+に乗っていたので、久々にオデッセイを運
  転したのですが、その感想を記しておきます。@座面が低い(すぐに慣れました)。
  A全ての操作系が微妙に重い(すぐに慣れました)。B燃費が異様に悪い(信号の
  ほとんどないコースを含む70km以上を走ってリッター10km未満)。Cアイドリン
  グストップしない(当たり前)。こんな感じでしょうか。フリード+良かったな…。

  さて、いつもお世話になっているA氏からグッズのプレゼントが送られてきました。
  HSV-010ロゴ入りの2012年ホンダレーシングキャップエブロの最新モデルの
  チラシ
です。いつも本当にありがとうございます!NSX総グッズ数は4850点に。


「ウェア・キャップ」コーナーに5枚の画像を掲載。


▲「カタログ・書籍」コーナーに画像を掲載。

7/5 本日アメリカのコネチカット州に住むコレクター仲間のD氏からNSXのミニカー
  がたくさん届きました
。これから毎日少しずつご紹介していきたいと思います。


▲D氏は某アメ車のミニカーコレクターで、日本で販売されているミニカー
 を今年になって3箱送ったところ、トレード品として送ってくれました。


▲珍しいNSXミニカーがたくさん。見たことのありそうなものも
 よく見比べると所蔵品とは異なるものばかりです。D氏に感謝!

7/6 4月12日にここでご紹介した「HWミステリーモデルズNSX」。4月10日に海外
  からヤフオクに初出品され、その後並行輸入品が国内からも出品されるようになりま
  したが、未だに国内では正規販売されていないようです。それが今回アメリカのコレ
  クター仲間から届いたミニカーセットの中に入っていました。袋がないルース品で
  すが、付属のステッカーはありました。ベースは2007年発売のアキュラNSXのカス
  タムタイプですが、デザインもなかなかイケてます。NSX総グッズ数は4851点に。


▲「HW」コーナーに12枚の画像を掲載。

7/7 アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーのご紹介第2弾は、昨日に引き続き
  ホットウィール。4月10日に入手をご報告した「Car Culture Bアソート Open Track
  ACURA NSX GT3」
です。正規販売品ではパッケージ裏面に日本語のシールが貼られ
  ていましたが、これにはそれがありません。また正規輸入品では裏板とパッケージ裏の
  刻印は共に「M03」でしたが、これは裏板の刻印が「L47」、パッケージ裏の刻印は
  「L49」となっています。短期販売の限定品と思われますが、製造にはある程度の日数
  がかけられていたことがうかがえます。基本的にはどちらも同じ商品ですが、シールの
  有無と刻印違いという複数の相違点があることもあり、コレクション数としては別カウ
  ントとします。明日もHWの新ミニカーをご紹介予定。NSX総グッズ数は4852点に。


▲「HW」コーナーに9枚の画像を掲載。

  最後に本日ヤフオク初登場の商品をご紹介。愛知から出品されたの2次加工トミカ。


▲出品者によるワンオフの2次加工トミカ。カシメを外して内装を塗装し
 自作デカールを貼付しているとのこと。開始価格はレッドが1,500円、
初回限定版のホワイトが3,500円です。(「ヤフオク!」より)

7/8 アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーのご紹介第3弾は、またまたホット
  ウィールです。2009年発売の「Acura NSX(カスタムタイプ)」のゴールドですが、
  カードのデザインがスノーフレークバージョンになっています。ヤフオクなど国内では
  見たことがなく、半年ほど前にeBayで見つけてアメリカでの購入を頼んでありました。
  「'90 ACURA NSXブルー」のスノーフレークバージョンは結構知られていますが、これ
  は珍しいのではないでしょうか。これは裏板の刻印が「B43」、パッケージ裏の刻印は
  「2929N」となっています。発売時期など詳細は不明。NSX総グッズ数は4853点に。


▲こちらは「'90 ACURA NSX ブルー」の
 スノーフレークバージョン。(所蔵品より)


▲今回入手した「Acura NSX(カスタムタイプ)
 ゴールド」のスノーフレークバージョン。


▲「HW」コーナーに11枚の画像を掲載。

7/9 アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーのご紹介第4弾もホットウィール
  です。2013年発売の「'12 Acura NSX Concept」は2018年に登場したホワイトを
  含むマルチパックが多数確認されています。私はこのモデルを含んだマルチパック9と
  マルチパック20を1種ずつ所有しているだけですが、確認しているだけでも別のマルチ
  パック20が1種とマルチパック3が3種存在しています。今回はそれとはまた別のマルチ
  パック3を入手。箱は密封されていて開けられません…。NSX総グッズ数は4854点に。


▲「HW」コーナーに3枚の画像を掲載。

  最後にヤフオクで見つけた新製品情報。MINI-GTのトイザらスオリジナルパッケージ
  が発売されたようです。画像は本日出品されたものですが、探してみると6日にすでに
  出品されていました。月に1回ほどある出張でトイザらスの前をいつも通るのですが
  残念ながら立ち寄る余裕がなかなかありません。今月こそは何とか行ってみたいです。

7/10 アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーのご紹介第5弾は昨日に引き続き
  NSXを含むホットウィールのマルチパック。ただし中身は「’12Acura NSX Concept」
  ホワイトモデルではなく、今年の1月17日にヤフオクに初登場した「’90Acura NSX」
  のオレンジモデル
です。マルチパック専用モデルのようで、今回はこれの入ったマルチ
  パック9とパックからバラされたルース品を別に入手。NSX総グッズ数は4855点に。


▲「HW」コーナーに11枚の画像を掲載。ルース品はコレクションにカウントせず。

7/11 アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーのご紹介第6弾はRMZ City1/64
  「Honda NSX」
。ボックス入りのものはレッドを所有していたのですが、今回ブルー
  を入手できました。レッドも一緒に送ってくれ、これが現地モノならセットでコレク
  ションにカウントしようと思ったのですが、なんと両方とも日本語のシールが貼られ
  た正規輸入版でした。アメリカからの逆輸入ですね。NSX総グッズ数は4856点に。


▲アメリカから取り寄せた日本発売のミニカー…。
RMZ City」コーナーに11枚の画像を掲載。

7/12 アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーのご紹介第7弾はSUMMERの謎の
  ミニカー2種
です。レッドはWANTEDリストに載せていたものですが、オレンジの方は
  見たことのないモデルです。ボディは同じですが、裏板やタイヤの形状は結構異なって
  います。いずれにせよ中国製の相当なチープカーです。NSX総グッズ数は4858点に。


▲「SUNTOYS/SUMMER」のコーナーに14枚の画像を掲載。

  ignition model(イグニッションモデル)から久々の新作の発表です。1/43「IG1363
  NSX-R(NA2)カスタム仕様ホワイト」
(限定120台)と「IG1364 NSX-R(NA2)カスタ
  ム仕様ブラック」
(限定100台)の2種。レジン製ということもあって、1/43ながら価格は
  18,900円とお高め。本日受注が開始され4月発売予定となっています。前者はBBS LM
  タイプ18インチホイール、後者はTE37タイプ18インチホイールを装着。共にローダウン
  仕様で、フロントリップスポイラー、リヤスポイラー、リヤディフューザー、左右出し大径
  マフラー、バケットシート、モモタイプステアリングを装着しています。ignition model
  のNSXのミニカーについては、2016年に1/18で6種、2017年に1/43で8種がリリース
  されてから2年ぶりの登場となりますが、2016年に初めて1/18ミニカーを発表したとき
  には、もっと多くの1/18ミニカーの発売を予定していた記憶があります。1/64のミニ
  カーが増えてきたこのご時世なので、ignition modelも主流は1/43へ移ったようです。


▲ignition modelの新作2種の発売は来年の4月となっています。
 ちなみに1/43「IG1365 NSX-R(NA2) カスタム仕様レッド 」
 も120台限定で来年1月発売予定。(画像は公式サイトより)

7/13 本日はいつものように休日出勤。天気予報は曇りだったので、久しぶりにビート
  で出掛けて18時頃帰ろうとしたら駐車場のビートは雨でずぶ濡れに。旧車には何より
  錆が敵なので洗車すら避けて磨き続けてきたのに…。自宅でひたすら拭き上げました。
  さて、アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーで、ご紹介できていないものはまだ
  あるのですが、本日はヤフオクで今夜終了したウオッチしていた商品2点のご紹介です。


▲スポーツカーセットに付属の78-6紺にタンポを施した信州オフ第2弾
 モデルのうちの1つ。あまりに少数の製作だったためトミカコレクター
 の大御所M氏からあえて枝番は頂かなかったモデルの1つでもあります。


▲2次加工NSXトミカの王様とも言うべき感動倶楽部NSX78-6-9です。
 5種存在する感動倶楽部NSXですが、いずれも知名度が高いのに現存
 数が少ないため常に高額落札となっています。(「ヤフオク!」より)

7/14 アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーのご紹介第8弾は、先日ご紹介した
  SUMMERと同様に謎のメーカーであるSUN TOYSのミニカーです。SUMMERと異なり
  ウインドウにはクリアパーツを用い内装も再現されていますがチープさでは負けていま
  せん(笑)。数種類届いたのですが、本日はオレンジのモデルをご紹介。ボンネットのタン
  ポ文字の太さ違いのバリエーションということで2台送ってくれたのですが、インク量の
  違いで差が出ただけのように見えます。一応別カウントでNSX総グッズ数は4860点に 。


▲「SUNTOYS/SUMMER」のコーナーに9枚の画像を掲載。

  最後にヤフオクでウオッチしていた注目商品のご紹介。久々に登場し本日落札終了し
  たのは郵便局特注レッタクストミカです。以前はほとんどヤフオクで見かけることは
  ありませんでしたが、近年は年に1回くらいは出品されており、ネットで調べてみると
  同一出品者のものかもしれませんがメルカリに出品されているものもあるようです。
  今回特に注目したのは箱です。私が所有しているものは、通常箱に郵便局ののし紙が
  巻かれたものですが、この商品は町の玩具店のものらしきシールが貼られています。
  どこかの郵便局が正規に発注したものならこのような箱が混じることはないと思われ
  ますし、このような特注品が町の玩具店で普通に販売されていたとは思えないので、単
  品で入手したコレクターがあり合わせの箱に保管していたのではないかと思います。


▲昭和の臭いがする「おもちゃと人形のカナリア」という店名。
 ネットで探すと「カナリヤ」という名の玩具店はいくつか現存
 しているみたいですが閉店してしまったお店もあるようです。
 画像が不鮮明で「駅前店」という文字はかろうじて読み取れる
 のですが電話番号がよく見えないのが残念。現在も営業してい
 る墨田区の「カナリヤ」はレトロな雰囲気で人気のようです。
(画像は「ヤフオク!」より)

7/15 アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーのご紹介第9弾は、昨日に引き続き
  SUN TOYSのミニカーです。ボンネットに「9」のタンポが入ったモデルは、現在レッド
  と黄緑色とブルーを所有していますが(未入手ながらゴールドの存在も確認)、ブルーは
  未開封の3台セットの1台として所有しているのみなので、裏板まで確認できるのは初めて
  です。いずれもルーフのタンポは異なっています。今回は、裏板にナンバーがプリントさ
  れたものとされていないものの2種を送ってくれました。NSX総グッズ数は4862点に。


▲まったく同じモデルですが、片方の裏板には製造番号らしきものが
 プリントされています。消えかかっていて見にくいですが、他のモデル
 を参考にしたところ「Greenbrier Intl 109207-19863-001-070717」
 と書かれているようです。「Greenbrier」は雑貨用品を扱うメーカーの
 ようです。「SUNTOYS/SUMMER」のコーナーに14枚の画像を掲載。

7/16 アメリカのコレクター仲間から届いたミニカーのご紹介第10弾にして最後のご紹
  介は(次の荷物も後日発送される予定ですが)、3回連続となるSUN TOYSのミニカー
  この3台セットは、ブルーがNSX、レッドがバイパー、イエローはコルベットでしょうか。
  パッケージから出したルース品も一緒に送ってくれたのですが、裏板を見ると昨日ご紹介
  したミニカーと同じような製造番号らしきものがプリントされているのが確認できます。
  内容は「Greenbrier Intl 109207-19863-001-072018」で、最後の4桁以外の数字は
  昨日のミニカーとまったく同じ。「GREENBRIER INTERNATIONAL」という社名と
  「109207-19863-001-072018」という番号は、パッケージの裏面にもプリントされ
  ています。今回はルース品が3台セットのバラしたものであることが明らかなので、3台
  セットのみをコレクションにカウントします。NSX総グッズ数は4863点になりました。


▲Amazonでは、現在「Greenbrier Intl」の商品として別の車種の3台セットが
 販売されています。「SUNTOYS/SUMMER」のコーナーに12枚の画像を掲載。

  次は新製品情報です。10月発売予定のMINI-GT1/64「Acura NSX GT3 IMSA チャン
  ピオンシップワトキンスグレン 2017 #93 "Statue of Liberty"」
です。トミカサイズ
  としては1,600円という価格は高いようにも思えますが、1/43ミニカーの高騰ぶりからす
  れば、1/43ミニカーに近いクオリティでこの価格というのはとても良心的に見えますね。


▲画像の注文書では配信日が15日になっていますが、休日だったせいか、各
 ショップからのメルマガによるアナウンスは16日に一斉に行われました。


▲TSMからは1月に1/43で2017年仕様の86号車”アンクルサム”の4月以降発売予告が出て(未発売)、
 4月にMINI-GTブランドの1/64で2017年仕様の86号車”アンクルサム”の8月以降発売予告が出て、
5月に1/18で2017年仕様の93号車”スタチュー・オブ・リバティ”の8月以降の発売予告が出て、
6月に1/43で2018年仕様の93号車”リバティベル”の8月以降の発売予告が出て…ともう大混乱 。

  最後にヤフオクに本日登場した注目商品のご紹介。エブロ1/43「No.45282 RAYBRIG
  NSX CONCEPT-GT SUPER GT500 2015 Okayama Test No.100」のスペシャルパ
  ッケージ版
です。AUTOSOPRT web SHOPで一瞬で完売してしまい、入手できなかったモ
  デルという意味でももちろん注目なのですが、商品の紹介文に当サイトの商品説明の文章が
  そのまま引用されていたのに反応してしまいました。いや、引用は全然かまわないです (私
  も商品画像を使用させていただいているので…)。開始価格の25,000円には手が出ません。


▲2016年10月21日に発売され即完売したスペシャルパッケージ版の
 
エブロ1/43「No.45282 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT SUPER GT
  500 2015 Okayama Test No.100」です。(「ヤフオク!」より)

7/17 本日のヤフオク注目ミニカーをご紹介。まずは本日初出品の2次加工トミカ
  個人製作のワンオフ品でマルボロカラーも珍しくないのですが、ポイントはベースが
  初期カラーのホワイトではなく、2018年3月発売の「ホンダコレクション」セットの
  中のセーフティカーのタンポ印刷を落として使用している点です。ルーフのライトを
  外し、カーボンデカールを貼り付けて仕上げたなかなかの力作。開始価格は2,480円。


▲本日ヤフオクに初出品されたカスタムトミカ。(「ヤフオク!」より)

  そして今夜はルートKSさんのヤフオクNSXパーツ大放出品の終了日。私がウオッチしてい
  た商品だけでも以下のような豪華さ。何一つ落札できませんでした。需要あるんですね…。

7/18 昨日の2次加工トミカを出品した方が、また別の2次加工トミカを本日出品。マル
  ボロカラーは同じですが、今回のベース車両はトミカプレミアム。開始価格は2,680円。


▲本日ヤフオクに初出品されたカスタムトミカ。(「ヤフオク!」より)

  なお、ルートKSさんのNSXパーツ大放出品もまだまだ継続中で、中古の92R内装(開始
  価格100万円)、92R未開封コントロールユニット(開始価格50万円)等が出品中です。


▲高額でも安心感のあるルートKS正規オークション。(「ヤフオク!」より)

7/19 ヤフオクネタばかりで恐縮ですが、本日落札者なしで終了したのは何と新型NSX
  のカーボンルーフ
です。本当にネットークションは何でもありですね。前回の出品価格
  122,500円から30%オフの85,750円で15日に出品された商品でした。前回の価格も
  1度30%オフになった後の価格かもしれません。コレクションとして面白いかもしれま
  せんが、やはり高額すぎて簡単には手が出ません。新型NSXのホイールなどは時々ヤフ
  オクで見かけて、飾るとかっこよさそうだなあとは思うのですが、やはり価格がネック。


▲新型NSXから取り外したカーボンルーフが出品。(「ヤフオク!」より)

7/20 毎年恒例となっている2泊3日(または3泊4日)の夏の家族旅行。今年は三男の
  リクエストで行き先が大阪になり、先週から「なんばグランド花月」のチケットを
  取ったり、USJ(実は一度も行ったことがないのです)の1.5デイスタジオパスやエク
  スプレスパスを取ったりと、毎晩コツコツ準備を進めているのですが、本日何とか詳
  細な3日間のタイムスケジュール表が完成。結構な大仕事なのですが 、ネット情報や
  ガイドブックと睨めっこしながらの作業は好きで、後日ご紹介させていただく予定 。

  【過去10年間の記録】…2009東京・千葉/2010和歌山/2011広島/2012北海道/
  2013沖縄/2014四国/2015富山/2016静岡/2017種子島・屋久島/2018東京

7/21 14日にヤフオクに久々に登場した激レアグッズの「Modulo製トランクスポイ
  ラー」
が本日落札されて終了しました。以前ここでもご紹介したことがありますが、
  2011年3月に受注が開始され5月に販売が開始されたこの商品の定価は、驚きの税込
  819,000円です。81,900円ではありません。そして本日の落札価格は、定価とほぼ
  変わらない820,001円でした。これは一生入手できそうにないグッズですね……。


▲ドライカーボン製というのが高額な理由。(「ヤフオク!」より)

  3か月前にやったばかりの選挙の立会人がまた当たって、本日は早朝から13時間半
  もの間、小学校の体育館でパイプ椅子に座りっぱなしでした。お尻が痛いです…。

7/22 本日は地元の伝統行事に参列するため有給をとって参加したのですが、帰宅して
  僅か40分後に三男の部活動の迎えに行こうとしたら、たった今使ったばかりのオデッ
  セイのキーがない!普段ならちょっと探せばすぐ見つかるのに2時間くらい家中探し回
  っても見つからず。どこに置いたかの記憶も全くなく完全にミステリー(痴呆の始まり
  でしょうか…?)。見つかるまではスペアキーでしのぎますが、かなりへこみ中です。

7/23 今まで何度かご紹介しているNSX専用ガナドールミラーが久しぶりにヤフオクに
  出品されているのを発見。22日出品、25日終了で、開始価格は定価の4倍近い30万円。
  ワンオフのカーボン台座付きという点もポイントでしょうか。ガナドール商品自体希少
  なのかと思いきや、ミラー単体を除いても現在100点以上が出品されています。シルビ
  ア用が多いようですが、RX-7用やマークU/チェイサー用も多く、軽自動車用も結構あり
  ます。不人気車種用になると新品なのに定価以下のものも…。このデザイン好きです。


▲現在唯一出品中のNSX用ガナドールミラー。(「ヤフオク!」より)


▲意外と出品数の多い各車種用ガナドールミラー。「ヤフオク!」より)

7/24 久しぶりにebayを覗いたらスマホケースの新作が出品されていたのでご紹介。
  価格は手ごろなのですが、海外からの出品なので送料が馬鹿にならないんですよね…。

▲iPhoneの10機種に
対応。793円と格安。

▲多数のカラーを揃えた2デザイン。
 28機種に対応しいずれも2,368円。

▲アベンジャーズ
アキュラ。2,376円。
▲新型NSXのエンジン
 カバー。1,297円。

7/25 6月21日にここでご紹介したヤフオクに出品中のフロンガスR12いろいろ。
  予告していたように購入(落札)しました。選んだのは昭和電工の250g5本セット。
  落札価格は送料無料で11,700円(1本あたり2,340円)でした。1本あたりの相場が
  2,500〜2,800円(送料別)なので、結構お買い得だったと思います。必要になった
  ときに買えばいいのにと思われるかもしれませんが、必要になったときに品薄で高
  騰していたら悲しいのでキープしておくことに。旧型のエアコンのついた旧車が
  世の中からなくなるのが先か、フロンR12が市場からなくなるのが先か…。とりあ
  えず自分のNSXとビートは、自分が運転できる年齢の間はこれでしのげそうです。
  古いものなので出品物の中には錆のひどいものも多いのですが、入手品は比較的綺
  麗で良かったです。実物を手にするのは初めてなのですが、中身はガスではなく液
  体なので意外と重いです。錆防止のため新聞紙に包んで大事に保管しておきます。


▲毎日のように大量に売れているフロンR12。以前にも書きましたが、それだけ需要が
 あるということですよね。品薄になったときに一儲けしようと買いだめしている方が
 いるのかも。取引や使用が禁止になったら大暴落しそうで怖いですがそれはないか。

7/26 9日に書かせていただいたように、月に1〜2回は出張先でトイザらスの前を通過
  しながら立ち寄る余裕がなかったのですが、本日出張帰りに思い切って立ち寄りました。
  7月3日ヤフオク初登場品としてご紹介したMINI-GTのトイザらスオリジナルパッケージ
  
をまず発見。マクラーレンセナ、80スープラ、シビックRは大量にあり、R35GT-Rとラン
  エボがわずか。そして目的のNSX GT3は最後の1台のみでした。しかも発見したのはヤフ
  オクで見つけたMGT00025のプレゼンテーションモデルではなくMGT00026のロサンゼ
  ルスオートショーモデルでした。両方とも発売されていたんですね。トイザ価格は1,510
  円。他にもいくつか購入してきたので明日以降にご紹介。NSX総グッズ数は4864点に。


▲品番の最後に付く「TRU」がトイザらスオリジナルの記号のようです。
「TSM1/64」コーナーに7枚の画像を掲載。

7/27 昨日の出張帰りに立ち寄ったトイザらスでの入手品第2弾は、5月23日にここで
  ご紹介したWELLY1/60「NEX TOP 5 AUTO SHOW」。いつもお世話になっている
  コレクター仲間のK氏に、その日トイザらスで販売されているのを見つけたことを教え
  ていただいたのですが2か月越しで無事入手できました。NSX総グッズ数は4865点に。


▲Amazonでドイツから取り寄せたパッケージのブルーのミニカーは
 ライトブルーメタリックという感じでしたが、このセットに含まれる
 商品はかなり濃いめのブルーです。輸入元は京商で定価は1,580円、
 トイザ価格は1,510円。「WELLY」
コーナーに6枚の画像を掲載。

7/28 トイザらスでの入手品第3弾は、WELLY1/39「NEX ダイキャスト METAL」
  ドアが開閉可能なダイキャスト製のプルバックカーです。これまで生産国の赤系のカラ
  ーのパッケージに日本語シールが貼られて輸入販売されていましたが、青系カラーの日
  本語パッケージが新規に製作されて販売が開始された模様です。輸入元は昨日ご紹介
  した1/60NEX5台セット同様に京商です。NSX総グッズ数は4866点になりました。


▲自分では実際に採寸して1/39の認識だったのですが、レシートには
 「1/38ダイキャスト」の表記が。納得いかないなあと思っていたら
 「ミニカーマガジン」の最新刊(Vol.299)の17ページに京商の新
 製品「1/38スケールダイキャストプルバックモデル」として大々的
 に紹介されていました。ちなみに全12種で定価は690円(税別)と
 のこと。ヤフオク未登場。「WELLY」
コーナーに8枚の画像を掲載。

7/29 トイザらスでの入手品第4弾は、新旧トミカプレミアム No.21 NSX Type R
  2019年3月上旬に上記の商品が新パッケージになったとの情報を得て、3月中旬に地元
  のトイザらスに探しに行ったのですが、その時はその店ではまだ旧パッケージのみが販
  売されており、「F0618」(2018年6月6日製造)の刻印入りのその品を最終モデルの記
  念に購入し、5月上旬に地元のジョーシンで「K2618」(2018年11月26日製造)の刻印
  が入った新パッケージを発見しやっと入手できました(その後旧パッケージにはさらに
  新しい「H1618」(2018年8月15日製造)モデルが存在することが確認されました)。
  今回のトイザらス訪問では新旧パッケージが併売されており、時間もなかったので1台
  しか残っていなかった旧パッケージと複数並んでいた新パッケージを、刻印も確認せず
  に1台ずつ購入してきました。旧パッケージは真の最終モデルを入手できたのか、新パ
  ッケージはどれくらい新しい製造日になっているのかを楽しみに自宅で確認したので
  すが、なんと旧パッケージは4か月前に同店で入手したものとまったく同じ、そして新
  パッケージも、3か月近く前にジョーシンで入手したものとまったく同じでした。どれ
  だけ人気がない商品のでしょうか…(田舎なので商品の回転も良くないのだと思います
  が)。したがって残念ながら今回はどちらもコレクション数にはカウントしていません。


▲地元のトイザらスではトミカプレミアムの新旧パッケージを併売中。
 トミカプレミアムNo.21NSX-Rの旧パッケージの最後の1台を購入。


▲今回1台ずつ購入してきた新旧パッケージのトミカプレミアム。


▲商品管理用のタグで製造年月日の刻印が見にくいのですが…。


▲旧パッケージの刻印は「F0618」(2018年6月6日製造)で、4か月前に
 購入したものとまったく同じ。真の最終モデルと思われる「H1618」
 (2018年8月15日製造)モデルは残念ながら入手できませんでした。


▲新パッケージも、3か月近く前にジョーシンで入手したものとまったく
 同じ「K2618」(2018年11月26日製造)の刻印が入ったものでした。
 これは新パッケージが一番最初に製造された日のもので、おそらくこの
 地元のトイザらスでは早くから仕入れてはいたものの、旧パッケージが
 なかなか売り切れなかったので、ずっと倉庫に眠っていたのでしょう。

  エブロ1/43のNSX-GT2017モデルで現在リリースされているのは以下の通りですが、
  本日「No.45517 KEIHIN NSX-GT スーパーGT 2017 No.17」が発売された模様
  です。昨年中に発売予定だったのですが随分遅れました。注文してあるショップからは
  ほかに送ってもらう商品がたまってから発送していただく予定。同時に発売予定だった
  「No.45516 ARTA NSX-GT スーパーGT 2017」は今だに発売日は未定。結局1台も
  発売されなかった2016年モデルのように、このままうやむやになってしまうのか…?

現在発売済みのエブロ1/43 NSX-GT 2017モデル一覧

@No.45554 Epson Modulo NSX-GT Rd.6 Suzuka Winner サイン入りパッケージ【2018年8月発売】(未入手)
ANo.45554 Epson Modulo NSX-GT Rd.6 Suzuka Winner【2018年9月発売】
BNo.45514 MOTUL MUGEN NSX-GT Rd.1 OKAYAMA【2018年12月発売】
C90000-XYL-330A MOTUL MUGEN NSX-GT Rd.1 OKAYAMA 無限オリジナルパッケージバージョン【2018年12月発売】
DNo.45548 MOTUL MUGEN NSX-GT Rd.6 SUZUKA【 2019年1月発売】
E90000-XYL-330B MOTUL MUGEN NSX-GT Rd.6 SUZUKA 無限オリジナルパッケージバージョン【2019年1月18日発売】
FNo.45518 Epson Modulo NSX-GT Rd.1 OKAYAMA【2019年1月発売】
GNo.45552 Epson Modulo NSX-GT Rd.8 Motegi【2019年2月発売】
HNo.45515 RAYBRIG NSX-GT スペシャルパッケージ仕様【2019年2月発売】(未入手)
INo.45515 RAYBRIG NSX-GT【2019年3月発売】

  最後にヤフオク注目ミニカーのご紹介。5月6日にご紹介した「TSM×MiJo MINI GT
  
Honda NSX GT3 Presentation チェイスバージョン」ですが、「TSM×MiJo MINI
  GT
Honda NSX GT3 ロサンジェルスオートショー チェイスバージョン」も存在する
  ことが本日ヤフオクに初出品されて判明しました。開始価格は6,980円。様子見です。


▲HWのレア仕様のSTH(スーパートレジャーハント)にあたるもの
 のようで、本来ブラックのボディがシルバーに変更されています。


▲ミニカーのアップ画像はこちら。(いずれも「ヤフオク!」より)


▲こちらは前回ご紹介したプレゼンテーションのチェイスバージョン。

7/30 トイザらスでの入手品第5弾は、トミカ43「ホンダNSX」ブリスターパック
  生産終了間際というわけでもないのですが、1個しか売り場になかったのと過去に購入
  したものと何か違いが見つけられればと思い購入してきました。通常品のブリスター
  パックは、発売当時の2016年製造品1台と、2017年製造のエラー品2台を所有していま
  すが、今回購入した商品は「B0718」(2018年2月7日製造)の刻印の入った、コレクシ
  ョン初の2018年製造品です。パッケージの表裏共にまったくデザインに変更はなく、
  そこは残念だったのですが、明らかに紙質が変わっているのでコレクションにカウント
  することにします。2016年モデルは明るい茶色、2017年モデルはそれが暗い感じにな
  って印刷の文字がやや不鮮明に。そして2018年モデルで明るいグレーの上質な紙にな
  り、印刷の文字もこれまでで最も見やすくなっています。NSX総グッズ数は
4867点に。


▲売り場にぽつんと1台だけ売れ残っていたのでつい購入。


▲中のミニカーはもちろんパッケージデザインにも変更はありませんでした。


▲ただしパッケージの紙はこれまでの中で最も上質なものが使用されています。


▲2018年2月7日製造を示す刻印が。コレクションでは初の2018年モデル。

7/31 昨日から受注が開始されたホビージャパン1/64ダイキャストカー5種です。


▲限定販売台数がどれも意味深なホビージャパンの約2年ぶりの新作。

  他にホビーデザインというメーカーから「HD02-0392 1/24 ホンダNSX/NSX-R
  ディティールアップパーツセット (フジミ対応)」
が1,680円で発売された模様です。
  さらに1/64MINI-GT(TSM)「MGT00036-L ホンダNSX GT3 東京オートサロン
  2018」
も本日発売された模様です。シリーズで一番最初に発売されたマカオGP仕様
  とフロントガラスのハチマキ以外カラーリングやデザインがほぼ同じように見えます。

8/1 昨日ご紹介したホビージャパン1/64ダイキャストカー5種のカラー資料を入手。


▲未だかつて見たことのないマット(艶消し)レッドメタリックカラーのNSXです。
 マットブラックにラッピングした実車は見たことがありますが、これは珍しいカ
 ラーですね。ガンプラ等で流行っているイラスト風な感じを狙っているのかも。

8/2 ヤフオクに今朝初出品されたHWのNSX concept ブラック入りマルチパック20
  1円スタートで入札0だったので入札しようとしたら、その瞬間オークションが終了…。


▲所有している3台セットでしかマルチパック入りのブラックモデルは
 確認できていません。入手できなくて残念…。(「ヤフオク!」より)
※翌3日に1円スタートで無事再出品されたのですが、最終日の10日に
 入札を忘れてしまい僅か820円で落札終了してしまいました。残念。

  最後に昨日より受注が開始されたアイドロン(メイクアップ)の新作5種をご紹介。
  ロケットバニー仕様のNA1や、NA1・NA2のNSX-Rに引き続き、5月にNC1ミニカー
  4種をリリースしたメイクアップ。NC1のカラーバリエーション4種が8月末に、NA1
  のNSX-Rのカラーバリエーション4種が9月に発売を予定されていますが、今回は
  NC1のカーボンパッケージ仕様の追加。各30台限定で定価30,240円。11月発売。

 

8/3 明日はスーパーGT第5戦FUJI決勝。本日の予選ではNSXは苦戦だったようです。

 〈第5戦FUJI予選結果〉※ポイントはチームランキング4戦の合計

 【GT500】(出走15台)
   7位 Modulo Epson NSX-GT(ナレイン・カーティケヤン/牧野任祐選手)12.5pt(14位)
   8位 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット選手)13pt(13位)
   9位 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐選手)9pt(15位)
  10位 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン選手)19pt(11位)
  15位  ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也選手)28pt(7位)

 【GT300】(出走29台)
    8位 Modulo KENWOOD NSX GT3(道上龍/大津弘樹選手)16pt(15位)
  11位 ARTA NSX GT3(高木真一/福住仁嶺選手)41.5pt(1位)
  18位 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/松浦孝亮選手)10pt(18位) 

8/4 7月30日にヤフオクに初登場した、サンドブラスト彫刻によるオリジナルギフトを
  制作している「一庵エッチングスタジオ」のNSX(NA1)ロックグラスを入手しました。
  当初NSX(NA1)を含む3車種を出品されていましたが、本日現在NSX(NC1)を含む18車
  種が出品中です。開始価格は4,790円(即決価格4,800円)で、底面への名入れと送料が
  無料です。今回、来年生誕30周年を迎えるNSXへの祝福メッセージと当サイトの名前
  を入れていただきました。NSX(NC1)の購入も検討中。NSX総グッズ数は4868点に。


▲「一庵エッチングスタジオ」のNSX(NA1)ロックグラスです。
 NSX30周年記念グッズをイメージして名入れしていただいた
 底面の文字は上部から読めるようにデザインされています。
「その他のグッズ」コーナーに8枚の画像を掲載しました。

8/5 遅くなりましたが昨日のスーパーGT第5戦FUJI決勝の結果(NSX勢大健闘!)と
  ヤフオクの注目商品のご紹介です。出張先である台風接近中の宮崎からの更新です。

 〈第5戦FUJI決勝結果〉※ポイントはチームランキング5戦の合計

 【GT500】(出走15台)
   2位 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン選手)40pt(5位)
   6位 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐選手)18pt(14位)
   7位  ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也選手)36pt(6位)
   8位 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット選手)19pt(13位)
  10位 Modulo Epson NSX-GT(ナレイン・カーティケヤン/牧野任祐選手)15.5pt(15位)

 【GT300】(出走29台)
   3位 Modulo KENWOOD NSX GT3(道上龍/大津弘樹選手)32pt(9位)
   4位 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/松浦孝亮選手)23pt(13位)
   6位 ARTA NSX GT3(高木真一/福住仁嶺選手)50.5pt(1位) 


▲7月13日にご紹介したばかりの感動倶楽部トミカ78-6-9が7月31日に
 またまた登場し、前回の落札価格76,000円に迫る66,500円で、本日
 落札されていました。感動倶楽部恐るべし。(「ヤフオク!」より)


▲8月1日に出品され昨日落札終了したレジン製オリジナルチョロQ。
 この方の作品は相変わらずの人気で、いつも見つけると入札しているの
 ですが落札できません。落札価格は4,600円。(「ヤフオク!」より)


▲7月29日に出品され本日落札終了した ロッソ1/12GPV。今はなきロッソ
  の製品の中で特にレアな部類に入る商品なのですが、2003年11月から
 わずか2か月の間に4台が続けて出品され3万〜9万円で落札されたこと
 があります。このモデルに限らずロッソ製品を探している方は、流通量
  も減ってきたので見つけたら即購入を勧めます。(「ヤフオク!」より)


▲こちらは本日登場のM's FACTORYの2次加工トミカの新作。
 値下げして再出品されているようなので初登場は7月31日?


▲同じ出品者の方によるルマン95風の2次加工トミカ。昨年12月に
 022-01の品番で登場した商品のパッケージ変更版(?)も本日出品。
 今年5月に初登場させた026-02の品番のロックスター童夢2009風
 2次加工トミカも同時出品されていました。(「ヤフオク!」より)

8/6 2日に一部分のみご紹介したアイドロン(メイクアップ)新作の注文書の全体データ
  を入手しましたのでご紹介させていただきます。高額モデルなので1色のみ注文しました。

8/7 宮崎出張3日目。出張同行者の1名が同好の士(ミニカーコレクター)であることが
  分かり、夕方一緒にミニカーショップ巡りをすることに。まず訪れたのはトイザらス宮崎
  店
。地元のトイザらスと規模はほぼ同じでしたが、目的のトイザらスパッケージMINI-GT
  のNSX-GT3プレゼンテーションモデルどころか、NSXミニカーがまったく見当たらずびっ
  くり。HWも、RMZCityも、CCPも、WELLYも、FASTLANEも、先日地元のトイザらスにはまだ
  売れ残っていたMSZ VROOM TECH(3月に購入したときはステアリングが欠損した不良品
  だったのですが買い直しはしませんでした)も、新旧トミカプレミアムに至るまで、見事に在
  庫なし。それだけNSXに人気があるのなら仕方ありませんがちょっと残念でした。次に向
  かったのはネットで見つけたミニカーギャラリーPIT宮崎店。宮崎のミニカーショップを
  ネットで検索するとトップに登場する店で、2009年に開店したミニカーショップえぼりゅ
  ーしょん
が1年後にリニューアルしたものらしいのですが、現地に行ってみるとメカドック
  エボリューションという自動車整備会社になっており、PITの他店のリンクリストにも宮崎
  店は掲載されていないので、どうやら閉店してしまった模様…。最後はハードオフ宮崎一
  の宮店
を訪れましたが、予想通りミニカーはごく僅かしかなく早々に撤収。結局めぼしい
  収穫は何もなく、宮崎駅でお土産を購入してホテルに戻りました。明日自宅に帰ります。

8/8 5月12日にヤフオクに初登場し、その後入手したHWのメタリックブルーの新色ですが
  6月7日に海外からショートカード初出品されたものの、あまりの高額な値付けに様子見を
  していました。その後国内でも個人輸入品が安く流通するようになったので機会をうかが
  っていたのですが、このたび490円で入手しました。8月4日には100円スタートの商品も
  登場するくらい安くなりましたが、安い商品の中には送料の高い海外から出品物が混じっ
  ているので、これから入札される方はくれぐれもご注意を。NSX総グッズ数は4869点に。


▲「HW」コーナーに10枚の画像を掲載 しました。

8/9 7月12日に、ignition model(イグニッションモデル)から久々の新作として1/43「IG
  1363ホンダNSX-R(NA2)カスタム仕様ホワイト
」(限定120台)と「IG1364ホンダ
  NSX-R(NA2)カスタム仕様ブラック」
(限定100台)の2種の受注が開始されたことを
  お知らせしましたが、本日また新たに1/43モデルの新作3種の受注が開始されました。
  「IG1902ホンダNSX-R NA2 イエロー」「IG1903ホンダNSX-R NA2 メタリック
  レッド」「IG1362ホンダNSX-R NA2 DK-Ver ホワイト」
(各18,900円)です。
  DK-Verとはドリキンバージョン、つまり土屋圭市仕様。ルマンカーを除けばNSXミニ
  カーとして初のモデル化です。言わずと知れたドリフトキング・土屋圭市氏は車好き
  としても有名で、2013年5月に放映された「おぎやはぎの愛車遍歴」によれば、1974
  年から2009年までに26台の車を所有し、そのうちの5台がNSXです(NSX×2、typeS
  ×2、NSX-R×1)。土屋仕様のAE86ミニカーは多数発売されていますが、なぜかNSX
  はこれまで1度もモデル化されていませんでした。昔はNSX fiestaに頻繁に来られて
  いたのに、最近はご無沙汰で寂しい限り。一緒に写真を撮ってもらったりサインを頂
  いていた頃が懐かしいです。発売は来年5月ですが、これは是非入手したい1台です。


▲IG1902イエロー(100台限定・2020年4月発売)


▲IG1903メタリックレッド(120台限定・2020年4月発売)

 
▲IG1362DK-Verホワイト(140台限定・2020年5月発売)


▲NSX fiesta 1995で土屋圭市氏と一緒に取って
 いただいた記念写真です。どちらも若いです…。


▲NSX fiesta 1995でパンフレットに頂いたサインです。
 当時のパンフ類はコレクションにカウントしていません。

  ここで何度か取り上げている、2018年2月1日発表、2018年3月9日発売の1,000本限定
  「セイコー アストロンNSXモデル」(324,000円)。ヤフオクでは2018年12月1日に
  171,000円で落札され安値更新しましたが、10万円かけてベルトをオプションのチタン
  に交換したばかりという新品同様の中古品が8月2日に開始価格10万円で登場。ずっと
  ウォッチしていたのですが、手を出す勇気が出ないまま本日150,800円で落札されて
  終了し安値記録を更新しました。ああ、やはり買っておくべきたっだのでしょうか…。

8/10 2018年9月27日にここでご紹介したアシェット・コレクションズ・ジャパンの
  「隔週刊ルマン24時間レースカーコレクション」
。2018年の5月から6月にかけて
  一部地域で試験販売されていたのを、2018年9月26日から全国販売が開始されたも
  のです。当時32号までの車種が発表されており、29号に「HONDA NSX(1996)」
  の発売が予定されていて楽しみにしていたのですが、ついに発売になった模様です。
  正式な発売日は8月14日ですが、昨日から販売を開始しているショップがあります。


▲発売当初の発売予定表。29番目に予定されていたNSXは、2019年1月30日のラインナップ変更で
 25番目に繰り上がり、5月30日にBMW V12 LMRが消えたことでさらに繰り上がって24番目に。

8/11 4日にご紹介した「一庵エッチングスタジオ」のNSX(NA1)ロックグラスです
  が、気に入ったのでNSX(NC1)バージョンも購入してしまいました。サンドブラスト
  彫刻も前回同様に入れていただきました。NSX総グッズ数は4870点になりました。


▲NA1バージョンに引き続き入手したNC1バージョンのロック
 グラスです。「その他のグッズ」コーナーに8枚の画像を掲載。

8/12〜14 7月20日に計画表が完成したことをお伝えした毎年恒例の夏の家族旅行
  
に12日出発。今年の行き先は大阪。まずは9時45分からのお盆特別興行を見るため
  「なんばグランド花月」
へ。久々に来ましたが予想以上に面白くて家族も大満足!!


▲来るのは3回目。久々に来ましたが今回が一番楽しめました。


▲これは2回目の公演内容ですが1回目も同じでした。

  よしもとを楽しんだ後は、炎天下にも関わらず多くの観光客で賑わう道頓堀へ。昼食に
  たこ焼きの有名店の1つ「道頓堀くくる」でたこ焼きと明石焼きを昼食に食べてから、
  今回の旅行のメインの目的地であるユニバーサルスタジオジャパンへ向かいました。


▲とにかく暑かった道頓堀。外国人観光客でいっぱいでした。


▲たこ焼き店は店先で商品を買って店内で食べるというスタイルが一般的。

  宿泊先のホテル京阪ユニバーサルタワーでチェックインの手続きをするだけで30分
  以上の行列。早めにホテルに行って正解で、なんとか1.5デイスタジオパスが使える
  15時ちょうどに入場できました。それにしてもゲートの手荷物検査で並ぶのが荷物
  のない自分には煩わしく、手ぶらの人専用のゲートを用意してほしいと思いました。


▲今回連れてきた次男と三男は修学旅行で来たことがあるのですが、
 自分と奥さんは実はユニバーサルスタジオジャパン初体験なのです。

  今回は1.5デイスタジオパスの他に「ユニバーサル・エクスプレス・パス4・ミニオン・
  ライド」と「クールジャパン・エクスプレス・パス1・進撃の巨人スペシャル」を事前
  にネットで購入しておいたのですが大正解。前者は「ミニオン・ハチャメチャ・ライ
  ド」をメインに4つのアトラクションの待ち時間を大幅に短縮できるパス。後者は
  3つある「クールジャパン」アトラクションのうち「進撃の巨人クロノイド」を含
  む「進撃の巨人・ザ・リアル」の待ち時間を大幅に短縮できるパスです。前者には
  「パス7」、後者には「パス3」というさらに強力なパスがあるのですが、当然のよう
  に高額ですし、1日半フルに滞在できるスケジュールの今回は、そこまでの必要性は
  感じませんでした。「ジュラシックパーク・ザ・ライド」で70分待ちした以外は、
  たいした待ち時間もなくスムーズに体験できました。12日(半日)と13日の両日
  で体験したアトラクションと実際にかかった待ち時間は以下の通りです。ご参考に。

 【1日目】
 @進撃の巨人クロノイド
【待ち時間0分(エクスプレスパス使用)】
   ★リアルなキャラの人形と記念写真が撮れるだけとあってガラガラ。ファンの方にはオススメ です。


▲リヴァイとエルヴィンと一緒に記念撮影。ホルダー付きの写真は有料
 (1,800円)ですが、自分でも好きに写真が撮れるので問題なしです。

 Aジュラシックパーク・ザ・ライド【待ち時間70分】
   ★根強い人気のアトラクション。基本のどかなライドですが最後だけ絶叫系。絶叫系初心者にオススメ。


▲最前列に座れたうちの家族は全員びしょ濡れに。端っこに座った
 三男は靴の中まで浸水してグジュグジュに。写真は買いました…。

 B進撃の巨人・ザ・リアル 【待ち時間10分(エクスプレスパス使用)】
   ★少々内容が分かりにくく原作を知らない人には厳しいですが、3Dアニメと役者の実演のコンボは面白いです。


▲壁面に描かれた進撃の巨人。ここで記念撮影する方がたくさんいました。

 Cゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル4D【待ち時間25分】
   ★映像のみながら映像のクオリティは進撃の巨人よりはるかに上。パスなしでも待ち時間少なめなのも○。


▲エヴァンゲリオン関連商品はどこでも大人気。

 Dユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード
   ★閉園時間までいられる人は必見。プロジェクションマッピングが見られる場所がオススメ。


▲2日目の夜は場所を変え、プロジェクションマップが見えるところで鑑賞。

 【2日目】
 Eバックドラフト
【待ち時間15分】
   ★パスなしでも待ち時間少なめアトラクションの1つ。序盤の映画紹介が長く、メインも迫力はありますが微妙に中途半端。

 Fハリーポッター&ザ・フォービドゥン・ジャーニー 【待ち時間0分(エクスプレスパス使用)】
   ★コースターではないですが限りなく絶叫系に近いので苦手な方にはオススメできません。 好きな方には最高でしょう。


▲パスがないとこれだけ待つ必要が…。人気アトラクションはパス購入必須です。

 Gユニバーサル・モンスターライブ・ロックンロールショー【待ち時間0分】
   ★待ち時間がほぼなしだったので参加。目新しさはないですが、進行役の方が上手で、これぞショーというアトラクション。

 Hジョーズ 【待ち時間0分(エクスプレスパス使用)】
   ★USJを代表するアトラクションの1つですがサメの造形も言うほどリアルでなくて△。エリア全体の再現度は○。


▲サメがボートに激しくぶつかってくるなどの演出がほしいですね。

 Iセーラームーン・ザ・ミラクル4-D【待ち時間10分】
   ★待ち時間が短かったので急遽行ってみました。可もなく不可もなくですがファンは楽しめると思います。

 Jシング・オン・ツアー【待ち時間45分】
   ★映画で予習してから見るべき!ぶっちゃけ映画の方がいいですが実体化したキャラに会えることには感動するはず!

 Kアメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D 【待ち時間0分(エクスプレスパス使用)】
   ★7年連続世界No1ライドの称号を持つアトラクション。これも絶叫系に近いので苦手な人は注意。


▲「ハリーポッター&ザ・フォービドゥン・ジャーニー」ほどではないですが
 酔いやすい人にはかなりヤバい系の非コースターアトラクションです…。

 Lミニオン・クール・ファッションショー
   ★最後の方しか参加できませんでしたが水や雪を浴びせられテンションMAX!超オススメ!


▲完全にノーマークだったイベント。スパイダーマン・ザ・ライドに
 行っていたらもう終わりかけ。最初から参加したかったです!!

 Mミニオン・ハチャメチャ・ライド【待ち時間30分 (エクスプレスパス使用) 】
   ★絶叫レベルはスパイダーマンと同等ですが、ミニオンファンなら絶対体験すべき!


▲こちらは劇中のゲームコーナーを再現したコーナー。クリアすれば限定ぬい
 ぐるみがもらえます。やっておけば良かった。1回1,200円という価格が…。


▲思わず購入してしまったミニオンピザまん。550円です。


▲ミニオンにはすっかりドハマリ。キーホルダーを購入し
 現在使用中のオデッセイのスペアキーに装着しました。

※「ザ・フライング・ダイナソー」「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド(バックドロップ)」「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」などの絶叫系コースターは家族全員苦手なので最初から除外しています(笑)。


▲絶対に乗りたくない「ザ・フライング・ダイナソー」。

  一応車関係のサイトなので車ネタも少々。USJ内のレストランの1つ「メルズ・ドライブ
  イン」にはピカピカにレストアされた古いアメ車が何の囲いもなくさりげなく並べられ
  ていて最高にカッコイイです。小さい子供がベタベタ触ったりドアをガチャガチャ開け
  ようとしているのを見ると冷や汗が出てきますが…。昔のアメ車はなんと言ってもリア
  デザインがスゴイですね。NSXベースのアベンジャーズ・アキュラもぜひ並べてほしい
  ところですが、あれはユニバーサルピクチャーズではなくワーナー・ブラザーズか?でも
  『ハリーポッター』シリーズもワーナー・ブラザーズですよね…?まあ日本のアニメも
  色々な作品がコラボしているので、そのあたりはあまり関係ないのでしょうか………?

 


▲マーキュリー・クーペ(1951)112馬力


▲フォード・サンダーバード(1956)202馬力


▲シボレー150(1955)123馬力


▲フォード・Bクーペ(1932)50馬力


▲シボレー・インパラ・スポーツ・クーペ(1958)145馬力


▲フォード・エドセル(1958)345馬力

  3日目は三男の希望で大阪城へ。修学旅行では外から見ただけで中には入らなかった
  そうで、自分も30数年ぶりに入りました。次はあべのハルカスの広い展望台に感動。
  命綱を付けて屋外に出られる「エッジ・ザ・ハルカス」は1回目の受付が締め切られ、
  2回目受付まで時間があったため参加を断念。せめて「ヘリポートツアー」に参加し
  たかったのですが、こちらも台風接近に伴う強風のため中止ということで参加できま
  せんでした。最後に京都で一人暮らしをしている長男の寮に寄って帰りました。今
  年も最高に楽しい家族旅行になりました。年に数回行けたら理想的なのですが…。


▲階段で天守閣の8階まで上るのはかなり良い運動になります(笑)。


▲天守閣からの眺めは最高です。もちろん各階の展示も楽しめます。


▲展望台へ向かうあべのハルカスのエレベーターの天井の未来的な映像。


▲地上300mで「エッジ・ザ・ハルカス」に挑戦している参加者の皆さん。


▲高さもすごいのですが、こんなに広い展望台は初めて。感動します。

8/15 NSXミニカー新製品のご紹介です。アイドロン(メイクアップ)1/43「NSX-R
  (NA1)1994オプションホイール」
です。1992年モデルが2018年にEM388シリーズ
  として8色発売されていますが、それらは5本スポークのR専用ノーマルホイールを装着。
  今回のEM470シリーズは1インチサイズアップされた7本スポークバージョン。相変わ
  らずの高額モデルなので4色中1色のみ注文。11月発売予定で価格は各25,500円(税別)。

8/16 3月19日にご紹介した3月12日ヤフオク初登場の新型NSX車検証入れですが、
  8月13日に再登場。前回は38,000円で落札されましたが、今回は開始価格30,000
  円で終了日の14日までに入札がなく現在も再出品されています。様子見です…。


▲新型NSX車検証入れ(「ヤフオク!」より)

8/17 帰省先の実家から帰ってきました。さてヤフオクに本日初登場したエプソン
  ナカジマレーシングステッカー
のご紹介。スーパーGT第5戦で配布されたものと
  思われます。他のグッズとのセットの出品でちょっと高額なので様子見します。


▲エプソンナカジマステッカー(「ヤフオク!」より)

8/18 息子3人分の通常の写真アルバムとは別に、毎年夏の家族旅行の写真はキャノ
  ンのフォトプレッソというフォトブック作成サービスを利用して本にしているので
  すが、本日はそのフォトブック制作で1日つぶれてしまいました。100ページ超の力
  作が送られてくるのが楽しみです。明日からの仕事は色々と憂鬱ですが…。さて、
  6日にヤフオクに初登場し、11日に終了したFASTLANEミニカーを掲載し忘れてい
  ていたので掲載しておきます。ミニカー自体は珍しくなく、パッケージもどこかで
  見たような気もしますが未所有品です。終了価格は1,100円。落札し損ね残念…。


▲Fast Laneブリスターパック(「ヤフオク!」より)

8/19 7月16日に海外のレースに参戦している「アキュラ NSX GT3」のミニカー
  のTSMからの発売アナウンス状況に大混乱というお話を掲載しましたが、またして
  も、新作が本日発表されました。TSM1/43「TSM430417 アキュラ NSX GT3
  IMSA ワトキンスグレン 2018 No.69」
です。定価11,880円。10月以降発売。


▲ショップ向け注文書より

8/20 17日にヤフオクに初登場レイブリッグNSX-GT2019ピンズです。開始
  価格は1,500円でしたが、落札終了価格は4,900円。落札できず残念でした…。


▲レイブリックNSX-GT2019ピンズ(「ヤフオク!」より)

  最後に新商品のお知らせ。昨年の2月に発売アナウンスのあったエブロ1/43「No.
  45516 ARTA NSX-GT スーパーGT 2017 No.8」
と今年の4月に発売アナウン
  スのあったアイドロン(メイクアップ)1/43「EM430E〜EM430H ホンダ NSX
  (NC1)2016」
4色が本日発売になった模様です。エブロはもちろん、アイドロンも
  1色のみ注文してあるはずで、レアなカラーを注文したので届くのが楽しみです。

8/21 お世話になっているショップから昨日発売されたばかりの新商品がもう届き
  ました。店主A様の迅速な対応に感謝!届いたのは昨日もご紹介したエブロ1/43
  「No.45516 ARTA NSX-GT スーパーGT 2017 No.8」
アイドロン(メイクア
  ップ)1/43「EM430H ホンダ NSX(NC1)2016ノルドグレイメタリック」
です。
  さらに7月29日発売のエブロ1/43「No.45517 KEIHIN NSX-GT スーパーGT
  2017 No.17」
と、7月31日発売のMINI-GT(TSM)1/64「ホンダNSXGT3東京
  オートサロン2018」
も一緒に送ってくれました。近日中に画像を掲載する予定。

  さて本日は、7月上旬にシビックタイプR(FD2)からS2000(AP2)に乗り換えた車仲
  間のN君が、S2000購入後に初めて自宅にやって来たので、さっそく運転させてもら
  いました。11年落ち9万キロ走行とは思えないオリジナル塗装をキープしたピカピ
  カの個体で、10キロほどをドライブさせてもらいましたが、本当に楽しかったです。
  最初はシフト間の距離の異様な短さに驚かされましたが、慣れるとこれが面白い!
  真剣に購入を検討した車だけに今度ゆっくり乗せてもらいたいです。N君に感謝。


▲純正エアロがカッコイイ「S2000 Type-S」。


▲NSXでの流用が流行ったアンテナと複雑な形状のリアウイングがGood!。


▲そしてこの社外品のスモークテールライトも最高にクール。
 今風のデザインでウインカーは流れるタイプ。台湾製。

8/22 昨日到着して商品名をご紹介したミニカーの他にもいくつかネタがあるので
  すが、本日はこれをご紹介。14日にヤフオクに初登場したアストロンNSXモデルの
  セイコーウオッチサロン専用モデル「セイコーアストロン レボリューションライン
  SBXC039 Honda NSX 2019 限定モデル」
のパンフレットです。これを入手しま
  した。昨年3月に発売された限定モデルも世界限定1000本で定価30万円(税別)とい
  うことで衝撃的でしたが、9月7日に発売予定のこのモデルは、世界限定200本で定
  価50万円(税別)!完全に手を出せない商品ですが、この貴重なモデルのパンフレッ
  トを248円で落札。実にラッキーでした。NSX総グッズ数は4871点になりました。


▲A4サイズ1枚の両面印刷のパンフレットでこれがオモテ面。


▲こちらがウラ面になります。


▲貴重な商品情報がびっしりと詰まっています。


▲「カタログ・書籍」コーナーに画像を掲載。

  こちらもビッグニュース!いつもお世話になっているA氏からの情報で、明日から
  鈴鹿サーキットで3日間にわたって開催されるSUZUKA10HOURSの会場でエブ
  ロ限定パッケージが販売されます!無理すれば行けないことはないのですが…。


▲6月4日に受注が開始された昨年度のSUZUKA10HOURS参戦マシン。オリジナルパッケージでの
 先行販売となる模様です。仮に無理して現地に買いに行っても36,000円のほか、さらに高速代・
 ガソリン代・入場料などがかかるので、ヤフオクのプレ値で買うのと変わらないかもしれません。

8/23 8月20日に発売され8月21日に届いたばかりの新商品アイドロン(メイクアップ)
  1/43「EM430H ホンダ NSX(NC1)2016ノルドグレイメタリック」
をやっと撮影
  したのでご紹介します。撮影といってもここ最近同様、きれいに畳まれたビニール袋の
  折り目を崩したくないため、袋のまま撮影。NSX総グッズ数は4872点になりました。


▲グリーンがかったグレーカラーのノルドグレイメタリック。
「メイクアップ」コーナーに15枚の画像を掲載。

  今月発売予定だったTOP SPEED(TSM)1/18「TS0269 HONDA NSX GT3
  #30 2018 24Hr of Spa Castrol Hong Racing」
が本日ヤフオクに初登場。
  ただし出品地が海外なので国内でも発売されたのかどうかは不明。いずれにせよ
  近日中に販売が開始されるはず。ショップに注文はしてあるので到着が楽しみ。

8/24 8月20日に発売のエブロ1/43「No.45516 ARTA NSX-GT スーパーGT2017
  No.8」
と7月29日に発売のエブロ1/43「No.45517 KEIHIN NSX-GT スーパーGT
  2017 No.17」
をやっと撮影できたのでご紹介します。NSX総グッズ数は4874点に。


▲やっと5台の2017年仕様GT500マシンが揃ったエブロ1/43。
 「エブロ1/43」コーナーに28枚の画像を掲載。

8/25 4月15日に受注が開始され7月31日に発売されたMINI-GT(TSM)1/64「MGT
  00036-L ホンダ NSX GT3 2018東京オートサロン LHD」
をご紹介(パッケージの
  記載に合わせて商品名を変更しました)。パッケージの商品名で初めて知ったのですが、
  アキュラ仕様ではないホンダ仕様なのに左ハンドルとなっています。確認したら実車
  も確かに左ハンドルでした。シュリンクパックを開封するのがためらわれたので、ボッ
  クスの画像と受注開始時の注文書の画像を掲載します。NSX総グッズ数は4875点に。


「TSM1/64」コーナーに8枚の画像を掲載。


▲受注開始時の注文書。

8/26 2月13日に4種類のカスタムトミカをヤフオクに出品された兵庫の方が本日新作
  を出品されました。トミカプレミアムのレッドブル・マックス・フェルスタッペン仕様


▲2次加工トミカ「レッドブル・マックス・フェルスタッペン仕様」(「ヤフオク!」より)

  こちらもヤフオク初登場の商品です。車をデザインした子供用靴下「くる下」の販売で
  お馴染みのLinxの新商品「光るプルバックカー・プルカ」。Amazonには他車が6月から
  販売されているので、それぐらいから存在していた商品かもしれません。大阪の業者に
  よる出品で4色セットの開始価格が税込1,058円、送料全国一律864円となっています。
  送料が高い気もしますが、Amazonで現在販売されているクラウンの場合、1台378円
  なのでトータル1,512円。410円高いですが、まあそんなものではないでしょうか…。


▲Linx1/80「プルカNSX」4色セット。スケールは車種によって異なり、
ガチャで1台300円で販売されているものも。(「ヤフオク!」より)

8/27 いつもお世話になっている神奈川のコレクターのK氏から、先週と本日の2回に
  分けてミニカー情報を頂いたのでご紹介させていただきます。まず1つ目は、コジマに
  ジョーゼンの新作1/32フリクションカーが登場という情報です。2つ目は、RMZ City
  の1/64ダイキャストジュニアコレクション
の製造番号が「H163551」と新しくなっ
  ているという情報。3つ目は、43トミカの最新の製造番号に関する最新情報です。箱で
  は「F1519」を確認。ブリスターパックでは先週までG1318が最新だったのが、イオ
  ンで「G1019」NEWパッケージを入手とのこと。頂いた画像を見ると確かに両面とも
  デザインが小変更されているのが分かります。プレミアムは「C2119」と「F2019」
  が現在確認されている最新バージョンのようです。実は本日、出張帰りに1か月ぶりに
  トイザらスに寄ったのですが、1か月前に購入した43トミカのブリスターパックは、18
  年モデルの「B0718」だったのに、今回購入したものは17年モデルの「L0517」で、
  なぜか前より古くなっていました。倉庫の奥から出てきたのでしょうか?トイザらス
  では43トミカの箱の販売はされておらず、プレミアムの方は、今だに新パッケージの
  最初期バージョンである「K2618」を販売していました。また、その近くの書店で
  43トミカの箱が2個だけ販売されていたのでチェックしたのですが、「K2816」と
  「F2117」と結構古いものだったので、地元が田舎であることを実感させられました。
  トイザらスでは一応収穫もあり、MINI-GTのNSX-GT3 2018東京オートサロンの
  トイザパッケージ(大量に販売されていました)
NSXコンセプト(黒)を含むホッ
  トウィール20台セット
を購入できました。明日以降にご紹介させていただきます。


▲神奈川のコジマで確認されたジョーゼンの新商品。(K氏から頂いた画像)


▲過去に未確認のRMZ Cityジュニアコレクションの製造番号。(K氏から頂いた画像)


▲43トミカの新ブリスターパック。(K氏から頂いた画像)

  最後にヤフオクからの注目情報。22日に入手したパンフレットをご紹介したアストロン
  NSXモデルのセイコーウオッチサロン専用モデル「セイコーアストロン レボリューショ
  ンラインSBXC039 Honda NSX 2019 限定モデル」
の本体がヤフオクに初登場しまし
  た。9月に発売されてからの発送になり、定価54万円のところ518,000円スタートです。


▲アストロン限定モデルがヤフオク初登場!(「ヤフオク!」より)

  最後に、本日受注が開始されたシュンコーモデル1/24「SHK-D391 ホンダ NSX
  モービル1 JGTC 1998 フルスポンサー デカール・タミヤ対応」
の画像をご紹介。


▲1998年に発売されたタミヤのプラモデルでは、大人の事情で収録されなかった
 スポンサーロゴがあったのでしょうか?定価は税込1,512円。購入するかは微妙。

8/28 昨日購入したMINI-GTのNSX-GT3 2018東京オートサロンのトイザパッケ
  ージ
をご紹介。NSX総グッズ数は
4876点に。ご紹介したいグッズがたまっているの
  ですが多忙でなかなか余裕が…。提供して下さった方々、今しばらくお待ちください。


「TSM1/64」コーナーに13枚の画像を掲載。


▲おまけ画像。本日ヤフオク初登場のiPhoneケース用ステッカー。

  最後に8月22日にご紹介したSUZUKA10HOURS限定エブロミニカー3種について、
  新情報です。何と鈴鹿サーキット公式オンラインショップ「Mobility Station」にて、
  送料無料で現在も購入可能!3種のうち2種をヤフオクでプレ値で落札してしまった後
  にその事実を知りショックを受けているところです…。とりあえず最後の1種を注文。

8/29 8月2日にヤフオクで落札し損ねたことをご紹介したNSXコンセプト(ブラック)
  入りのホットウィール20パック。つい先日それと同じような内容の20パックを、い
  つもお世話になっているショップの店長A氏から格安で譲っていただいたのですが、
  一昨日トイザらスで見つけて購入してきた20パックはまた微妙に内容が異なってい
  ました。どうやら決まったレイアウトはないようで、20数種類のミニカーを適当に
  パックしているのでは?という印象です。NSX総グッズ数は
4878点になりました。


▲8月21日にA氏から譲っていただいたパック。赤枠がNSXコンセプト。黄枠がトイザ購入品にはなかった車種。あとは同じ。


▲8月27日にトイザで購入したパック。赤枠がNSXコンセプト。黄枠がA氏から譲っていただいた物にはなかった車種。
「ホットウィール」コーナーに上記の2タイプのつの画像を掲載しました。


▲8月2日にヤフオクで落札し損ねたパック。左下の車種が上記の2パックにはありません。

  ここで何度も取り上げている「セイコーアストロンNSXモデル」(324,000円)。
  先日さらなる限定モデルが発表されたせいか中古のヤフオクへの出品が加速して
  います。昨年は12月1日の171,000円が落札価格の最安値でしたが、つい先日の
  8月9日に150,800円で落札されて安値更新。8月26日に1円スタートで出品され
  た商品はさらなる安値更新の予感がありましたが、終了日の本日、154,000円で
  落札され安値記録更新は成りませんでした。この辺が底値なのかもしれません。


▲発売から1年半がたち、お買い得感が出てきた「セイコーアストロンNSXモデル」。
 コンディションのいいものを安く買うには今がチャンス?(「ヤフオク!」より) 

8/30 8月20日にヤフオク初登場のピーナッツ・クラブ(旧Y・S・N)のアミューズメント
  景品の新作ラジコン
を入手。新作と言っても、1年前に登場した栃木県警パトカーの
  ナンバープレートと両ドアの県警ロゴが別シールになって、「実車仕様ステッカー」
  として自分で貼る仕様になっただけです。NSX総グッズ数は
4879点になりました。


▲1年前に登場したピーナッツ・クラブのNSX-Rラジコンがリニューアル。
 NSX-Rラジコンとしては第5弾になります。ピーナッツ・クラブ本社のある
 大阪からの出品。「Y・S・N/ピーナッツ・クラブ」コーナーに画像を掲載。

  そして本日、さらにピーナッツクラブのNSX-Rの新パッケージラジコンが登場。
  シルバー、レッド、ホワイト3色のうち、シルバーとレッドが出品されました。


▲本日ヤフオク初登場のピーナッツクラブNSX-Rラジコンの第6弾と
 なる新パッケージ。開始価格が高かったのでしばらく様子見します。

8/31 本日午前中、県をあげての避難訓練があり、地区の方々と一緒に自家用車で往復
  200kmにも及ぶドライブをすることになったのですが、そのまま帰るのも悔しいので、
  行ったことのないドンキホーテに立ち寄ったら運良くJADATOYSの新製品を発見。43
  トミカ(箱)
も一緒に購入してきました。トミカは27日にご紹介したK氏の「F1519」
  にはかないませんが、「B2519」(2019年2月25日製造)という2019年製造モデル
  をやっと入手(コレクション数にはカウントしません)。NSX総グッズ数は
4880点に。


「JADATOYS」コーナーに11枚の画像を掲載。


▲新グッズとしてカウントはしませんが2019年製の43トミカを入手。

トップページに戻る