NSXグッズコレクション Vol.11

2020/7/18更新(現在6点)

 その他のミニチュアカー(OTHERS MINIATURE CAR)
 ホンダアクセス純正オプションミニカー

 2009年9日にヤフオクでクリスタルディスプレイの2個目を入手してから新規の入手品はありません。
 モデラー小森康弘氏のハンドメイドによる1/43スケールモデルの方は、バリエーションを増やしたいところですが、なかなか出品がなく、あっても大変高額なため簡単には落札できません。
 クリスタルディスプレイの方は、登場当時はスケールモデルと全く同じ価格(47,000円)で販売されていたものですが、スケールモデルよりも販売期間が長かったためヤフオクでは結構見かけるグッズです。しかし、落札相場が高額であることに変わりはなく、2018年4月9日に10万円という高額落札があり、2020年7月17日には15万円と大きく記録を更新しました。
 いずれも1990年9月の初代NSX発売と同時に販売が開始されたものですが、クリスタルディスプレイの方は、2001年12月に実車がヘッドライトを固定式に変更するマイチェンを行ったV型が登場するまで販売が続けられたロングセラーグッズでした。一方で、スケールモデルの方は1993年2月発行の3バージョン目のオプションカタログで姿を消しています。
 クリスタルディスプレイは、オプションカタログでは、「厳選された純正クリスタル原料と、硝子職人の高度な切削・研磨技術が生み出すシャープな構成と面と美しい輝き」「高級クリスタル特有のぬくもりと透明感の中にNSXのハイテクデザインが新しいかたちで表現されています」といった魅惑的な言葉で紹介されています。
 純正NSXグッズには、ホンダダイレクトマーケティング(2006年8月にホンダコムテックに合併)扱いの「NSXギア」と、ホンダアクセス扱いの商品の2種類があり、クリスタルディスプレイとスケールモデルは、いずれも後者になります。

画像 商品名/価格/発売元/コメント
クリスタルディスプレイ \47,000/ホンダ
ヤフオクにて購入。スケールはおよそ1/18で全長24p。ずっしり重いホンダ純正グッズ。職人の手作りで、ある意味究極のミニカー。
クリスタルディスプレイ(その2) \47,000/ホンダ
2009年9月 ヤフオクにて イルミネーション装置とセットで購入。両フロントフェンダー表面の波打ちが見られる。最初の成形段階で不具合が出たため、内装やホンダマーク部分のサンドブラスト過程に入る前にはじかれたものが外部に流出したものか。
1/43スケールモデル(フォーミュラーレッド) \47,000/ホンダ
NSXデビュー当時オプションカタログに掲載されていたホンダ純正受注生産品。モデラー小森康弘氏のサインカード付。
1/43スケールモデル(カイザーシルバーメタリック) \47,000/ホンダ
NSXデビュー当時オプションカタログに掲載されていたホンダ純正受注生産品。モデラー小森康弘氏のサインカード付。
1/43スケールモデル(セブリングシルバーメタリック) \47,000/ホンダ
NSXデビュー当時オプションカタログに掲載されていたホンダ純正受注生産品。モデラー小森康弘氏のサインカード付。
1/43スケールモデル(セブリングシルバーメタリック)2台目 \47,000/ホンダ
NSXデビュー当時オプションカタログに掲載されていたホンダ純正受注生産品。モデラー小森康弘氏のサインカード付。 同じカラーでも1台1台シャーシ番号が違うので別扱いでカウント。


▲2020年7月17日にヤフオクでの落札額記録を大幅に更新したクリスタルディズプレイ。

 

1.エブロ 2.トミカ 3.チョロQ 4.プラモデル 5.ラジコン
6.マジョレット 7.ダイヤペット 8.京商ダイキャスト 9.ニッコーダイキャスト 10.レベルダイキャスト
11.その他のミニカー 12.映像関連 13.タペストリー 14.ピンズ 15.テレフォンカード
16.ステッカー 17.トレーディングカード 18.ポスター・カレンダー 19.アンドリューコレクション 20.レース車両パーツ
21.ゲームソフト 22.キーホルダー・ストラップ 23.fiesta記念写真 24.ライター 25.マグカップ
26. カタログ・書籍 27. ウェア・キャップ 28.アート 29.マウスパッド 30.フラッグ
31.ジグソーパズル 32.バッグ 33.うちわ 34.ペーパークラフト 35.その他のグッズ

トップページに戻る