NSXアイテムコレクション Vol.11

2020/9/25更新(現在20点)

 その他のミニチュアカー(OTHERS MINIATURE CAR)
 AUTOart(オートアート)
画像 商品名/価格/発売元/コメント 画像 商品名/価格/発売元/コメント
1/18 TAKATA童夢NSX2003
\10,500/AUTOart
1/18 JGTCNSXテストカー2003
\10,500/AUTOart
2006年1月10日発売。2005年2月アメリカにて発売されたマッスルマシーンズの1/24と、車種が同じこともあり、スケールが異なること以外はパッケージも含めてよく似ている。しかし、ドアやハッチ等がどこも開閉しない。 2006年7月28日発売。基本的に半年前にリリースされたタカタ童夢の色換えだが車種選択がしぶい。レイブリック04、エプソン04のリリースも計画されている。
1/18 RAYBRIG2003
\10,00/AUTOart
1/18 G'ZOX無限2003
\10,500/AUTOart
2006年8月21日発売。テストカー同様タカタ童夢の色換えだが、ノーズやルーフにパーツが追加されている。レイブリック04、エプソン04のリリースも計画されている。 2007年2月27日発売。メッキボディが実に美しく再現されており、シリーズ中、最も存在感がある。メッキボディは汚れが目立つが指紋などはティッシュで拭けばきれいになる。
1/18 レイブリック2004
\10,500/AUTOart
1/18 エプソン2004
\10,500/AUTOart
2008年5月30日発売。 発売がアナウンスされてから1年近くたってやっとリリースされた。クオリティ、存在感共に申し分ない仕上がり。 2008年6月11日発売。 レイブリック04同様に、発売がアナウンスされてから随分待たされたが、レイブリックに引き続いてやっとリリースされた。クオリティ、存在感共に申し分ない仕上がり。
1/18 タカタ童夢2004
\10,500/AUTOart
   
2008年7月4日発売。 発売がアナウンスされてから1年以上たってやっとリリースされた。クオリティ、存在感共に申し分ない仕上がり。  
1/18 シグネチャーシリーズ NSX1990 フォーミュラーレッド/\17,850/AUTOart
2010年10月28日発売。2006年から2008年にかけてNSXのGTカーを7種リリースしてきたオートアートが、ノーマルカーをついにリリース。京商1/18の倍近い価格だが、価格に見合った作り込みがなされている。発売 当時はリアルな仕上げに驚いた京商だが、本商品はさらに上を行っており、ルーフの内側やサイドステップ、ドアミラーの接合部のラバー、トランクのヒンジのボルト等、京商がオミットした細かな点まで再現されている。簡単な説明書とシリアルナンバー入りのカード付き。ミニカーは立派な箱の中の、発泡スチロールに収まっているが、そこから取り出すにはネジを4本外さなくてはならないのが少々面倒。このあと多数のバリエーション展開が控えている。
1/18 シグネチャーシリーズ NSX1990 ベルリナブラック/\17,850/AUTOart
2011年1月22日発売。フォーミュラ-レッドを購入したとき、あまりにもモデルを取り出すのが大変だったので、今回は付属品のみ取り出して撮影。英文の解説書と簡単な 可動部分の説明書とシリアルナンバー入りのカード付き。6ページにわたるカラーの解説書は、写真も綺麗で高級感がある。
1/18 シグネチャーシリーズ NSX1990 セブリングシルバー/\17,850/AUTOart
2011年4月27日発売。英文の解説書と簡単な可動部分の説明書とシリアルナンバー入りのカード付き。シリアルナンバーは940番台だった。6ページにわたるカラーの解説書は、写真も綺麗で高級感がある。
1/18 シグネチャーシリーズ NSX-R1992 チャンピオンシップホワイト/\20,790/AUTOart
2013年6月21日発売。英文の解説書と簡単な可動部分の説明書とシリアルナンバー入りのカード付き。シリアルナンバーは1400番台だった。6ページにわたるカラーの解説書は、写真も綺麗で高級感がある。 このモデルは発売後製造ミスが発覚し、オートアート初の回収騒ぎとなった。間違い箇所は、ドアノブ横の「NSX-R」のロゴが逆さまに貼られている点(こちらは全部ではないようで今回購入した個体は問題なかった・小さすぎて近眼の人は確認できないかも)と、シートベルトバックルがシート外側に設置されている点(正しくは内側になる・シートが左右反対に設置されてるという話も)。「商品につきましては、メーカーに直接返送⇒良品が入荷次第交換の流れとなります。大変お手数ではございますが、お手元の商品を下記のメーカー住所まで送料着払いにてご返送下さい。」といったアナウンスがショップから流された。結局返品交換せず。スペアタイヤがない点とオプション扱いだったオーディオが装備されている点については、個人所有の車を取材したためではないかと思われる。(右下の画像は2020年3月に7年ぶりに再販されたときにショップに掲載された画像で、バックルの位置が修正されているのが分かる)
1/18 シグネチャーシリーズ73274 NSXポリスカー栃木県警/\19,740/AUTOart
2013年8月28日発売。31日発売予定だったが僅かに早まった。英文の解説書と簡単な可動部分の説明書とシルバーで縁取りされたシリアルナンバー入りのカード付き。シリアルナンバーは200番台だった。6ページにわたるカラーの解説書は、写真も綺麗で高級感がある。モノクロの説明書はタイプR用より大きい。 実在の栃木県警パトカーをモデル化したものはいくつかあるが、これはその中でも最大サイズ。
1/18 シグネチャーシリーズ73297 NSX-R インディイエローパール/\20,790/AUTOart
2013年8月28日発売。31日発売予定だったが僅かに早まった。英文の解説書と簡単な可動部分の説明書とイエローで縁取りされたシリアルナンバー入りのカード付き。シリアルナンバーは1100番台だった。6ページにわたるカラーの解説書は、写真も綺麗で高級感がある。モノクロの説明書は通常タイプより小さい。
1/18 シグネチャーシリーズ73298 NSX-R フォーミュラ-レッド/\20,790/AUTOart
2013年8月28日発売。31日発売予定だったが僅かに早まった。英文の解説書と簡単な可動部分の説明書とレッドで縁取りされたシリアルナンバー入りのカード付き。シリアルナンバーは900番台だった。6ページにわたるカラーの解説書は、写真も綺麗で高級感がある。モノクロの説明書は通常タイプより小さい。 イメージカラーであるレッドカラーの1/18モデルは多数あるが、やはりこのシリーズは価格なりにズバ抜けて精密にできている。

 

1/18 ホンダNSX(NC1)ホワイト/\22,464/AUTOart
2018年8月29日に予約が開始され、11月28日に発売となったオートアート5年ぶりのNSXミニカー。
ボンネット、リアハッチ、両ドアが開閉可能であることが売りなのだが、撮影時に確認するのを忘れた。開閉のための専用スティックが付属している。
車体は発泡スチロールのケースの台にネジで固定されている。
11月1日にはブラック、レッド、ブルーの予約も開始され、12月以降の発売ということしかアナウンスされていなかったので翌年の発売も考えられたが、12月中旬の発売が決定した模様。
1/18 ホンダNSX(NC1)ブラック/\22,464/AUTOart
2018年8月29日にホワイトモデルの予約が開始され11月28日に発売、11月1日にはブラック、レッド、ブルーの予約も開始され、12月11日にブラックとレッドが先に発売となった。
ボンネット、リアハッチ、両ドアが開閉可能であることが売りで、ホワイト発売時に確認するのを忘れたため、今回初確認。開閉のための専用スティックが付属しているが、指で簡単に開閉でき、しかも勝手に閉じてしまうことはない。ボンネットとリアハッチはダンパーが連動して稼働するなど凝っている。
プロポーション重視の高額なレジンモデルが主流になりつつあるが、プロポーションも完璧でこれだけのギミックを内蔵した本モデルはNC1の1/18ミニカーの究極と言える。
車体は発泡スチロールのケースの台にネジで固定されている。
1/18 ホンダNSX(NC1)レッド/\22,464/AUTOart
2018年8月29日にホワイトモデルの予約が開始され11月28日に発売、11月1日にはブラック、レッド、ブルーの予約も開始され、12月11日にブラックとレッドが先に発売となった。
ボンネット、リアハッチ、両ドアが開閉可能であることが売りで、ホワイト発売時に確認するのを忘れたため、今回初確認。開閉のための専用スティックが付属しているが、指で簡単に開閉でき、しかも勝手に閉じてしまうことはない。ボンネットとリアハッチはダンパーが連動して稼働するなど凝っている。
プロポーション重視の高額なレジンモデルが主流になりつつあるが、プロポーションも完璧でこれだけのギミックを内蔵した本モデルはNC1の1/18ミニカーの究極と言える。
車体は発泡スチロールのケースの台にネジで固定されている。
1/18 73234 ホンダNSX(NC1)ヌーベルブルーパール
/\22,464/AUTOart
2018年8月29日にホワイトモデルの予約が開始され11月28日に発売、11月1日にはブラック、レッド、ブルーの予約も開始され、12月11日にブラックとレッドが先に発売となった。
ブルーは2019年1月30日に発売。
ボンネット、リアハッチ、両ドアが開閉可能。
車体は発泡スチロールのケースの台にネジで固定されており、今回も取り外さずに撮影。
1/18 81898 ホンダNSX GT3 ホワイト
/\16,280税込/AUTOart
81899のマットブラックとともに2020年5月29日に受注が開始され、2020年8月27日に発売された。
ハイパーレッド、ハイパーブルー、ハイパーシルバーの発売も予定されている。発泡スチロールの上に固定されているのは開閉部分を操作するためのスティックかと思いきや、このモデルにはドアやリアハッチなど開閉できそうな部分がありながらその機構はなく、固定ネジを回すためのドライバーのようだ。
別パーツになっているルーフアンテナも一緒に袋に入っている。
車体は発泡スチロールのケースの台にネジで固定されており、今回も取り外さずに撮影。
1/18 81899 ホンダNSX GT3 マットブラック
/\16,280税込/AUTOart
81898のホワイトとともに2020年5月29日に受注が開始され、2020年8月27日に発売された。

 

1.エブロ 2.トミカ 3.チョロQ 4.プラモデル 5.ラジコン
6.マジョレット 7.ダイヤペット 8.京商ダイキャスト 9.ニッコーダイキャスト 10.レベルダイキャスト
11.その他のミニカー 12.映像関連 13.タペストリー 14.ピンズ 15.テレフォンカード
16.ステッカー 17.トレーディングカード 18.ポスター・カレンダー 19.アンドリューコレクション 20.レース車両パーツ
21.ゲームソフト 22.キーホルダー・ストラップ 23.fiesta記念写真 24.ライター 25.マグカップ
26. カタログ・書籍 27. ウェア・キャップ 28.アート 29.マウスパッド 30.フラッグ
31.ジグソーパズル 32.バッグ 33.うちわ 34.ペーパークラフト 35.その他のグッズ

トップページに戻る