あきおうのDIARY2019(9〜10月)

9/1 ご紹介が遅れましたが、いつもお世話になっている大阪のコレクター仲間のS氏
  から「SUZUKA10HOURS」の戦利品を色々と頂きました。本日ご紹介するのは、
  会場で配布されていた「HONDA TEAM MOTUL-24HOURS OF SPA-2019 NSX
  GT3」
カードです。しかも「SUZUKA10HOURS」に参戦したベルトラン・バゲット
  選手、マルコ・ボナノミ選手、武藤英紀選手の3名の直筆サイン入りという豪華グッズ。
  バゲット選手以外はカードに掲載されているドライバーとは異なるのですが、これは
  貴重!S氏に感謝!ちなみにS氏の情報によれば、エブロの限定パッケージ3種につい
  ては通常パッケージも先行販売されていたとのこと。NSX総グッズ数は4881点に。


▲S氏から頂いた「SUZUKA10HOURS」会場で配布されていたカード。インターコンチネンタルGT
 チャレンジ に参戦しているMOTUL NSX GT3のもので土曜のピットウォークでもらったそうです。
 スポンサーは去年と一緒ですが、今年はイタリアのJAS(GT3の製造元)が運営しているとのこと。
「その他のグッズ」コーナーに掲載。

9/2 本日は日本未発売のヤフオク出品ミニカーをいくつかご紹介。まずはMINI-GT
  1/64「Honda NSX GT3 #30 2018 24 Hours of Spa」
「Acura NSX GT3
  #86 2017 IMSA Watkins Glen」の2台。国内では4月に受注が開始されて、8月
  発売予定でしたが本日現在未発売。昨日開始価格2,500円で静岡から出品されました。
  本日ご紹介の他の商品同様、出品者が海外から直接買い付けているものと思われます。


▲ヤフオク初登場のMINI-GTの新作。ショップに注文済みの商品なので
 入札しませんが、この密度感は大変魅力的。(「ヤフオク!」より)

  こちらも昨日ヤフオクに開始価格1円で出品されたGT SPIRIT1/18「HONDA NSX
  Customized car by LB☆WORKS」
。4月に受注が開始されて、9月発売予定でした
  が、やはり本日現在未発売。定価は税込20,520円もするので、安く落札できればラッ
  キーですが、海外からの出品なので送料が3,000円かかることも入札を考えている方
  はお忘れなく…。ちなみに同じくイエローバージョンも9月発売予定になっています。

 
▲こちらもショップに注文済みの商品なので入札せず。(「ヤフオク!」より)

  最後は大阪から出品されているスパーク1/43「SB216 Honda NSX GT3 No.30
  Castrol Honda Racing 24H SPA 2018」
です。6月発売予定でしたが、本日現在
  未発売。これのみ注文していない商品なのですが、定価税込8,100円のところ、開始価格
  15,000円というのは手を出しづらいですね。昨年11月に発売された「SA143 Honda
  NSX GT3 No.84 Honda Racing FIA GT World Cup Macau 2017」
に続く、ス
  パークのNSXミニカー第2弾なのですが、実はここで何度かご紹介しているアシェット・
  コレクション・ジャパン「隔週刊ルマン24時間レースカーコレクション」
第29号(8月
  14日発売)の「HONDA NSX(1996)」もスパークの製品です。書店を何軒か回りまし
  たが見つけられず結局ヤフオクでプレ値で購入。書店では予約分しか扱っていない感
  じでバックナンバーも一切なし。購入したものは近日中にここでご紹介する予定です。


▲他の2品同様に昨日出品されたものを見つけたのですが、これのみヤフオク初登場では
 ないかも。ちょっと前にも見たことがあるような気がします。(「ヤフオク!」より)

9/3 一昨日に引き続き大阪のコレクター仲間のS氏から頂いた「SUZUKA10HOURS」
  
での入手品をご紹介させていただきます。本日ご紹介するのは、会場で配布されていた
  「HONDA NSX Running car craft Modulo No.34」です。ヤフオクで入手した
  No.64バージョンも合わせてご紹介。商品名からも分かるように、ただのペーパークラ
  フトではなく、走行可能な点がポイントです。タイヤはスポンジ素材になっています。
  スーパーGT2019開幕戦から配布が始まった商品です。NSX総グッズ数は4883点に。


▲今シーズンModuloチームがピットウォーク走行可能なペーパークラフト2種。
「ペーパークラフト」コーナーに4枚の画像を掲載。

  8月3日にもご紹介しましたが、相変わらずこの方がヤフオクに出品されるオリジナル
  チョロQ風ミニカーは大人気で、本日終了した画像の商品も落札できませんでした。


▲多数のレジン製ハンドメイドモデルを出品されておられるこの方の
 ミニカーで、私がかつて落札できたのは未塗装状態の1台のみです。
今回は1,000円開始、2,300円終了でした。(「ヤフオク!」より)

9/4 SUZUKA10HOURS限定エブロミニカー3種のうち2種をヤフオクでプレ値で入手
  した後、鈴鹿サーキット公式オンラインショップ「Mobility Station」にて、送料無料で
  定価購入可能なことを知り、最後の1種を8月28日に注文したのですが、昨日届きました。
  なお、本日「Mobility Station」をチェックしたら、なんと3種ともまだ在庫ありでした。
  よほど大量に作ってしまったのか、人気がないのか…。NSX総グッズ数は4886点に。


▲「No.45705 SUZUKA 10 HOURS 2018 CARGUY Racing NSX GT3」


▲「No.45706 SUZUKA 10 HOURS 2018 Modulo Drago CORSE NSX GT3」


▲「No.45707 SUZUKA 10 HOURS 2018 Honda Team Motul NSX GT3」
 エブロのGTカーとしては全スケールを通して初の2018年仕様のモデル化。
「エブロ1/43GTカー」コーナーに38枚の画像を掲載しました。

9/5 8月26日にヤフオク初登場商品としてご紹介したLinx1/80「光るプルバックカー
  ・プルカ」
4色セットが昨日届きました。ヘッドライトは裏板の絶縁体を外してスイッチ
  を入れると点灯。LEDの明るさには結構驚かされます。
NSX総グッズ数は4890点に。


「その他のミニカー」コーナーに30枚の画像を掲載。

9/6 8月22日にヤフオクに初登場した謎のミニカーをご紹介。23日に落札し、28日には
  届いていたのですが掲載するタイミングがありませんでした。オークションページにも
  まったく商品説明がなく、メーカーも不明。裏板には「MADE IN CHINA」の文字のみ。
  詳細をご存じの方がおられましたら是非教えてください。NSX総グッズ数は4891点に。


▲2019年8月22日に広島から出品されヤフオクに初登場した謎のミニカー。
「その他のミニカー」コーナーに12枚の画像を掲載。

9/7 「Editions Atlas(エディションズ・アトラス)」が、2015年9月4日に発表し
  た「Police Cars Collection(ポリスカーコレクション)by Editions Atlas」
  その中にラインナップされていたNSX栃木県警パトカーが、2019年6月30日にヤフ
  オクに初出品され、ずっと様子見していたのですが、とうとう我慢できず落札してし
  まいました。2000年12月に販売が始まった「週刊デルプラドカーコレクション」
  で初登場して、その後様々なブランドで発売されたミニカーがベース。このミニカ
  ーをベースとしたパトカータイプが初登場したのは2006年8月31日。神奈川県の
  ミニカーショップ「HIKO7」が展開するブランド「RAI'S」の1台として1,200台
  限定で発売されました。その9年後の登場というわけですが、「HIKO7」がさばき
  きれなかった分を「Editions Atlas」が買い取ったのか、再生産したのかは不明。
  しかし商品としてはまったく同じものです。この「Police Cars Collection」では、
  1/43ダイキャストモデルとして古今東西の警察車両が再現され、ドイツ、フランス、
  ベルギー、オランダ、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、スイス
  で販売されました。今回ヤフオクで入手したのは、神奈川の出品者の方がドイツで
  直接購入されたもので、パッケージはなくブリスターパックされたミニカーのみ。
  2019年9月現在ヤフオクには「Editions Atlas」のロシア版というブリスターパッ
  クも出品されているのですが、今回入手したものにもロシア語をはじめ多数の言語
  が記載されており、ロシア版の画像を見ても違いが分からないので、これらはまっ
  たく同じ商品と思われます。「Editions Atlas」は日本でも分冊百科(パートワー
  ク)でお馴染みの「De Agostini(デアゴスティーニ)」(ディアゴスティーニで
  はない)のグループ会社ですが、2019年9月現在、各国の「Editions Atlas」サイト
  にアクセスすると(すでに接続できない国もあり)、「活動終了のお知らせ」のペ
  ージが表示され、「De Agostini」のWebサイトの1つであるModel Space Webサ
  イト(www.model-space.com)へのアクセスを勧められます。「De Agostini」
  は、元々1901年に地図研究所として設立されたイタリアの会社ですが、日本法人
  の「デアゴスティーニ・ジャパン」では、イタリアのデアゴスティーニ社の意向
  に関係なく自由に商品の企画販売を行っています。NSX総グッズ数は4892点に。


▲現在同じ商品をロシア版としてヤフオクに出品者の方は、このミニカーをIXO(イクソ)製
 と記載しています。IXOは、マカオに本社を置くPCT社が手掛けるミニカーブランドですが、
 過去に自社ブランドでNSXミニカーを発売したことはありません。しかし確かにブリスター
 パックの裏面にはPCT社の名前とマカオの住所がプリントされており、2001年というIXOの
 創立時期も「週刊デルプラドカーコレクション」の登場時とほぼ一致するので、一連の同型
 モデルの製造元はIXOで間違いなさそうです。長年の謎が解けてちょっとすっきりしました。
 でもネット上にはデルプラドはフランスのノレブ製という記載が結構あり、ちょっと混乱…。
 デルプラドの別のミニカーシリーズがノレブ製だったという認識でいいのでしょうか……?
 さらにアシェットの国産名車シリーズも、1/43はノレブ製、1/24はIXO製という情報を発見。
 アシェットの1/43はデルプラド、つまりIXOとまったく同型だったのですが…?結論として
 「ノレブ製のNSXは存在しないがIXO製のNSXは1/43と1/24に存在する(ただし自社ブラ
  ンドでの販売はなし)」
ということで!「デルプラド/RAI'S」コーナーに19枚の画像を掲載。

9/8 6月13日にヤフオクで見つけて初めてその存在を知ったタミヤ1/24「NSX-R
  エッチングパーツ付き」
です。その日のコメントにも書かせていただいたように、
  発売されたのは2011年7月11日と8年も前の話。定価2,940円で、当時はヨドバシ
  カメラで41%引きの1,730円で販売されていた時期もあったみたいですが、絶版と
  なった現在では、各所でプレ値販売されており、ヤフオクでも開始価格は5,000円〜
  という感じです。ずっと様子見していたのですが、8月末に少し安めの商品を見つけ
  落札しました。実車が登場したのは1992年11月。タミヤがスポーツカーシリーズ
  No.126としてこのプラモデルを最初に発売したのは1993年6〜7月頃と思われま
  す(タミヤのサイト上ではエッチングパーツ付きがNo.321として生産休止扱いで
  データが残っているだけで、No.126は削除されてしまっており、データの残ってい
  るNo.125カストロール・セリカが1993年6月発売、No.133トヨタセリカGT-FOUR
  が1994年2月発売という記録が残っていることから判断しました)。No.126でも
  ヤフーショッピングではとんでもないプレ値で販売されていますが、実際の相場は、
  3,000〜4,000円くらい。現在2,000円の出品もあり。NSX総グッズ数は
4893点に。


▲今回はエッチングパーツ付きのNo.321(2011年発売)を入手。No.126(1993年
 発売)は価格表示違いを2種所有。「プラモデル」コーナーに5枚の画像を掲載。


▲現在のヤフーショッピングでのNo.126の販売価格は9,982〜18,452円。

  最後にスーパーGT第6戦オートポリス決勝の結果です。 レイブリックNSXコースアウト…

 〈第6戦オートポリス決勝結果〉※ポイントはチームランキング6戦の合計

 【GT500】(出走15台)
   2位 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット選手)37pt
   5位 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也選手)45pt
   7位 Modulo Epson NSX-GT(ナレイン・カーティケヤン/牧野任祐選手)22.5pt
  14位 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐選手)19pt
   −位 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン選手)40pt

 【GT300】(出走29台)
   6位 ARTA NSX GT3(高木真一/福住仁嶺選手)58.5pt
   9位 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/松浦孝亮選手)28pt
   11位 Modulo KENWOOD NSX GT3(道上龍/大津弘樹選手)35pt

9/9 2018年9月27日と2019年8月10日にここで発売日等のご紹介をしたアシェット・
  コレクションズ・ジャパンの「隔週刊ルマン24時間レースカーコレクション」
を先日
  やっと入手できたのでご紹介します。8月14日の発売日以降、書店を回って探したの
  ですが取り扱いさえしていない感じで、結局ヤフオクでプレ値購入しました。当初は
  シリーズの29号として発売予定だった「HONDA NSX(1996)」ですが、色々あって
  繰り上がり、24号として登場しました。通常はこのようなパートワーク(分冊百科)
  ではミニカーメーカー名はオモテに出てこないのですが、このシリーズに関しては、
  「Spark」のロゴがパッケージに大きく入っています。NSX総グッズ数は4894点に。


「アシェット/IXO/Spark」コーナーに19枚の画像を掲載。

  2019年9月6日にヤフオクに初登場した「Modulo KENWOOD NSX GT3 2019
  ピンズ」
。入札し損ねて本日1,100円で終了してしまいました。捜索を続行します。


▲GT300にエントリーしているDrago CORSEチームのModulo
KENWOOD NSX GT3のピンズ。(「ヤフオク!」より)

9/10 2019年5月6日にヤフオクに初登場した「TSM×MiJo MINI GT NSX GT3
  Presentation」
のレギュラーバージョンとチェイスバージョンのセット商品で、
  チェイスバージョンの存在を初めて知りました。あまりに高額だったため、その時
  はレギュラーバージョン単品で出品されたもののみを落札したのですが、その後、
  どうしても諦められなくて、2019年8月26日に静岡から出品されたチェイスバー
  ジョン2種(MGT00025のプレゼンテーションモデルとMGT00026のLAオートシ
  ョーモデル)を落札して入手しました。
NSX総グッズ数は4896点になりました。


「TSM1/64」コーナーに25枚の画像を掲載。

9/11 18年前の2001年9月にダイソーで購入した「ザ玩具ミニカー」という商品は
  SUN TOYS製と見られるミニカーの5台セットで、その中にNSXらしきものがあって
  コレクションに加えたのですが、いつもお世話になっている神奈川のコレクター仲間
  のK氏がカラー違いを本日送ってくださったので、さっそくご紹介させていただきま
  す。ボンネットとルーフ上のタンポ印刷が異なります。
NSX総グッズ数は4897点に。


▲左が所有していたもの。右が今回頂いたもの。提供してくださったK氏に感謝!


「SUN TOYS/SUMMER」コーナーに20枚の画像を掲載。

9/12 9月3日にヤフオクに初登場した、山梨のM氏が製作された痛車仕様のカスタム
  HW
を入手。「'17ACURA NSX イエロー」の初期版(裏板の刻印「J48」、パッケージ
  の刻印「3256N」)ベースで、自作の深リム2ピースアルミ(固定)を装着、ローダウン
  し、痛車風デカールを貼ってクリア塗装して仕上げてあります。デカールのネタは、
  「月刊少年チャンピオン」で2006年から2011年まで連載され、2009年にアニメ化
  された『明日のよいち!』の登場人物・斑鳩かごめ。
NSX総グッズ数は4898点に。


「HW」コーナーに16枚の画像を掲載。

9/13 自宅前にスズキ・スイフトのパトカー。自宅前の海に外国人密漁者グループ
  が柵を乗り越え侵入したのを目撃したので通報、さっさと追い出してもらいました。

9/14 本日ヤフオクに「メーカー不明ホンダNSX2016」という商品名で出品された
  クリアケース入りのミニカー。こういうやつの商品名をぱっと言い当てるのが密かな
  楽しみだったりするのですが…あれ…?分からない。ドアの開閉機構はなさそうで、
  プルバック機構がありそうな12cmくらいのクリアケース入りミニカー…?ぱっと見
  マイストかと思いましたが、マイストは1/24でこれは1/36くらいですし、1/36といえ
  ばRMZ Cityですが、ドアミラー周辺がちょっと違います。WELLYは1/39でさらに小
  さくドアミラー周辺はもっと雑です。台座はパートワークか食玩っぽいですが…?


▲出品者は「ブック・オフ」。サイズの割に4,450円と、強気の値付けなので
 様子見です。見たことあるようなないような…。(「ヤフオク!」より)
※9月20日、やはりパートワーク商品であることが判明。その正体は、2018年8月に
 岡山・香川・福岡で試験販売されたデアゴスティーニの「隔週刊ザ・スーパーカー
 コレクション No.5 Honda NSX (2016)」でした。ミニカーはIXO製。全50種の
 刊行予定でNo.12までの車種が発表されていましたがNo.6で休刊となりました。

  昨日TSMが新製品を一斉に発売。注文してあったものについては間もなく届く予定。

TSM430383 1/43アキュラ NSX GT3 ピレリワールドチャレンジ リアルタイムレーシング No.43
TSM430299 1/43ホンダ NSX GT3 プレゼンテーション 2017
TSM430314 1/43アキュラ NSX GT3 2017 ペブルビーチショーカー
TSM430384 1/43アキュラ NSX GT3 IMSA チャンピオンシップ ワトキンスグレン 2017 No.86 アンクル サム

9/15 本日は先日入院してしまった長男のいる京都の病院へ奥さんと出かけたのです
  が、3連休の影響か予想以上の渋滞で、往路だけでいつもの倍近い4時間もかかって参
  りました。しかし、長男は手術の必要なく間もなく退院できそうなことが分かり一安
  心。さてお世話になっているショップからミニカーの新商品が本日到着。昨日発売
  をお知らせしたTSM1/43ミニカー4種のうちいくつ注文していたっけなあと、確認
  もせずに届いた箱を開けたら全部でした(笑)。さらに
1/18TOPSPEED(TSM)「TS
  0269 Honda NSX GT3 スパ 24時間 2018 #30 カストロール Honda レーシ
  ング」
も同梱。ものすごいボリュームです。明日以降少しずつご紹介していきます。


▲本日届いたTSMの新商品1/43が4点と1/18が1点です。詳細は後日
  ご紹介。いつも通り、画像掲載後にコレクションにカウントします。

本日海外からヤフオク初登場のトミカプレミアムベースのカスタムトミカ。様子見。

9/16 昨日届いた1/18TOPSPEED(TSM)「TS0269 Honda NSX GT3 スパ 24
  時間 2018 #30 カストロール Honda レーシング」
をご紹介。TSMが派手なカラー
  リングの新型NSXレースカーを1/18でリリースするのはこれが初です。
同じく1/18
  TOPSPEED(TSM)の「TS0271 Acura NSX GT3 IMSA チャンピオンシップワト
  キンスグレン2017#93"スタチュー・オブ・リバティ"」
も同時発売された模様ですが
  高額モデルということもあり、そちらは注文をしていませんでした。いつか安い出物
  に出会えれば、購入することがあるかもしれません。
NSX総グッズ数は
4899点に。


「TSM1/18」コーナーに40枚の画像を掲載しました。

  本日ヤフオク初登場のTシャツをご紹介。海外からの出品で、日本の漫画を題材にした
  ものもあり、明らかに版権はクリアしていなさそう…。開始価格は2,081円で、送料は
  商品1点あたり1,500円、1点増えるごとに1,000円加算とのこと。これはパスか…。


▲カラーは画像では9色ありますが説明文では5色になっています。サイズは
 XS、S、M、L、XLの5つから選べるようです。(「ヤフオク!」より)

  海外からのヤフオク出品商品をもう1点ご紹介。昨年の12月15日にヤフオクに初登
  場した謎の1/43アキュラNSXオレンジモデル。最初は開始価格+送料は9,600円
  で、その後9,666円になり、数台落札された現在でも8,900円で出品が継続されてい
  るのですが、同じ出品者の方が、本日別の画像で同じものに見えるモデルを出品。し
  かし価格は9,999円(開始価格6,999円+送料3,000円)と高め。ますます謎です。


▲本日海外からヤフオクに出品された1/43ミニカー。(「ヤフオク!」より)


▲同じ出品者が昨年末からヤフオクに出品を続けている1/43ミニカーです。
 同じ物に見えますがなぜか価格はこちらが安い。(「ヤフオク!」より)

9/17 9月13日に発売されたTSM1/43ミニカー4種から、まずは「TSM430299
  2017ホンダNSX GT3 プレゼンテーション」
をご紹介。これをモデル化している
  メーカーはTSMのみで、昨年11月29日に1/18を、今年4月10日に1/64をリリース
  していますが、1/43は今回が初めてとなります。
NSX総グッズ数は4900点に。


「TSM1/43」コーナーに13枚の画像を掲載。

  お世話になっているショップの方から久々のエフトイズの新商品案内を頂きました。

9/18 8月27日に訪れたばかりのトイザらスに出張帰りに寄ったところ、マイスト
  の新商品1/64「MS11246EX マイストデザイン 4カーセット エキゾチック」
  発見し購入してきました。価格は2,999円。ほかには8月に立ち寄ったときに購入
  したMINI-GT1/64「2018東京オートサロンNSX GT3」(1,699円)が結構売れ
  残っていました。あと昨年12月に発売されたJADAトイズ1/32「JDMチューナ
  ーズ・シルバー」
(698円)が販売中でした。トミカプレミアムの製造年月日を確認
  しようとしたのですが、防犯シールで隠れて確認できませんでした。トミカのブリ
  スターパッケージは前回入手した「B0718」が1台残っていて、代わりにそれより
  製造が前の「L0517」が多数補充されていました。NSX総グッズ数は4901点に。


「マイスト」コーナーに10枚の画像を掲載。

  スパークから1/43レジンモデル受注開始のお知らせです。ニュルブルクリンク24時間
  レース同様、GT3カテゴリーによる耐久レースとして有名なスパ24時間ですが、今年も
  ”スパ・ウェザー”に多くのマシンが翻弄され、最後まで目の離せない展開となりました。
  これまでもスパークからはスパ24時間仕様が発売されていますが、今年からはオーガ
  ナイザーのSRO公認モデルとしてリリース。シリアルナンバー入り限定生産とのこと。

1/43「アキュラ NSX GT3 2019 No.30 Honda Team Motul 6位 24H Spa 2019
M.Farnbacher R.van der Zande B.Baguette」
   1/43「アキュラ NSX GT3 2019 No.22 Jenson Team Rocket RJN 24H Spa 2019
R.Sanchez M.McMurry P.Frommenwiler S.Moore」

  さらにGT SPIRIT1/18「HONDA NSX Customized car by LB☆WORKS」の本日
  発売
のお知らせです。ちょっと前からヤフオクでは海外からの出品が始まっていましたが
  ようやく4月に受注を開始していたレッドモデルの国内での正規販売がスタートした模様
  です。ショップには、ある程度入荷数がまとまってから発送してもらうようにしているた
  め取り置きしていただいています。ですので画像をご紹介できるのは、もう少し先になり
  そうです。6月に受注を開始したイエローモデルは12月発売予定。共に500台の限定品。
※その後レッドモデルは999台限定であることが判明。

1/18「No.GTS245 HONDA NSX Customized car by LB☆WORKS(レッド)」
  1/18「No.GTS034KJ HONDA NSX Customized car by LB☆WORKS(イエロー)」

9/19 9月13日に発売されたTSM1/43ミニカー4種から、2種目として「TSM430314
  アキュラ NSX GT3 2017 ペブルビーチショーカー」
をご紹介。前回のプレゼンテー
  ションカーは3つのスケールでTSMがモデル化していますが、このペブルビーチショー
  カーは、すべてのスケールにおいて初のモデル化です。
NSX総グッズ数は4902点に。


▲先日ご紹介したTSM430299のプレゼンテーションカーと外観はほぼ同じです。
 差し色がレッドからオレンジになっていること、ホイールがシルバーからブラッ
 クになっていること、リアフェンダーとリアウイングの翼端版に文字が入らない
 ことなどが数少ない相違点です。今回同時発売になった4種のうちプレゼンテー
 ションモデルのみがホンダ仕様で、残りの3台はアキュラ仕様なのですが、4台す
 べてが左ハンドルで内装は同じ。「TSM1/43」
コーナーに13枚の画像を掲載。

  昨日ヤフオク初登場の神奈川のM's Factoryさんのカスタムトミカ新商品032-01
  2019年8月5日にヤフオクに新パッケージで再登場した022-02も同時に再々出品さ
  れました。同時にトミカプレミアムベースMobil1仕様033-01も初登場しています。

9/20 9月13日に発売されたTSM1/43ミニカー4種から、3種目として「TSM430383
  アキュラ NSX GT3 ピレリワールドチャレンジ リアルタイムレーシング No.43」

  ご紹介。昨日ご紹介したペブルビーチショーカーと同じく、すべてのメーカー、スケール
  において初のモデル化。ピレリワールドチャレンジと言えば、以前、同じTSMから1/18
  での発売アナウンスがありましたが、あれは93号車です。
NSX総グッズ数は4903点に。


▲2018年4月30日発売予定だった1/18の93号車は、度重なる発売
 延期で、本日現在、2019年9月30日発売予定となっています。
「TSM1/43」コーナーに13枚の画像を掲載。

9/21 9月13日に発売されたTSM1/43ミニカー4種から、最後の1種をご紹介。「TSM
  430384 1/43アキュラ NSX GT3 IMSA チャンピオンシップ ワトキンスグレン
  2017 No.86 アンクルサム」
です。海外参戦のNSX GT3のミニカーの発売状況は
  本当に分かりにくく、ショップの方でもおそらく把握しきれていないのではないかと
  思われます。下に掲載した表を参考にしてください。
NSX総グッズ数は4904点に。


▲1/64でも、これと同じ2017年仕様の86号車の発売が予定されています。
「TSM1/43」コーナーに13枚の画像を掲載。

  以前からお伝えしているように、海外のレースに参戦しているNSX GT3ミニカーの
  発売状況
が非常に分かりにくくなっていますので、改めて以下にまとめさせていただ
  きました。プレゼンカーやショーカーは含めていません。また今年の8月以前に発売
  予定だったにもかかわらず、現在未発売の商品に関しては、9月発売予定としました。
  国内未発売であっても並行輸入で、すでにヤフオクで出回っている商品もあります。

TSM1/64
「MGT00016 ホンダNSX GT3 マカオGP4 2017 No.8 ホンダレーシング,Hong Kong Exclusive」
(2018年12月発売・入手済)


「MGT00051-L ホンダNSX GT3 スパ 24時間 2018 No.30 ホンダレーシング」
(2019年9月発売予定)※10月11日発売
「MGT00052-L アキュラNSX GT3 IMSA ワトキンスグレン2017 No.86 アンクルサム」
(2019年9月発売予定)※10月11日発売
「MGT00072-L アキュラNSX GT3 IMSA ワトキンスグレン2017 No.93 Statue of Liberty」
(2019年10月発売予定)

TSM1/43
「TSM430416 アキュラNSX GT3 IMSA ワトキンスグレン 2018 No.93 リバティベル」
(2019年9月発売予定)
「TSM430383 アキュラSX GT3 ピレリワールドチャレンジ2017 No.43 リアルタイムレーシング」
(2019年9月発売・入手済)

「TSM430384 アキュラNSX GT3 IMSA ワトキンスグレン 2017 No.86 アンクルサム」(2019年9月発売・入手済)

「TSM430440 アキュラNSX GT3 EVO デイトナ24時間 2019 No.57 Myer Shank Racing」(2019年9月発売予定)
「TSM430385 2017 Acura NSX GT3 #93 IMSA 6Hours of Watkins Glen Myer Shank Racing」(2019年10月発売予定)※10月11日発売

「TSM430417 アキュラNSX GT3 IMSA ワトキンスグレン 2018 No.69」(2019年10月以降発売予定)

TSM1/18
「TS0269 ホンダNSX GT3 スパ 24時間 2018 No.30 カストロール ホンダレーシング」
(2019年9月発売・入手済)

「TS0271 アキュラNSX GT3 IMSA ワトキンスグレン2017 No.93 Statue of Liberty」(2019年9月発売・未入手)
「TS0613 アキュラNSX GT3 ピレリワールドチャレンジ リアルタイムレーシング No.93」
(2019年9月発売予定)

スパーク1/43
「SA143 ホンダNSX GT3 No.84 Honda Racing FIA GT World Cup Macau 2017」
(2018年11月発売済・入手済)

「SB216 ホンダNSX GT3 No.30 Castrol Honda Racing 24H SPA 2018」(2019年9月発売予定)
「SB255 アキュラNSX GT3 2019 No.30 Honda Team Motul 6位 24H Spa 2019」
(2020年1月発売予定)
「SB269アキュラNSX GT3 2019 No.22 Jenson Team Rocket RJN 24H Spa 2019」
(2020年1月発売予定)

9/22 9月9日にヤフオクに初登場したピーナッツ・クラブ(旧Y・S・N)のアミューズメ
  ント景品用NSXラジコンのパッケージ第7弾を入手しました。今年2月に初登場した第
  6弾は、レッド(27MHz)・ホワイト(27MHz)・シルバー(40MHz)の3色でしたが、今回は
  レッド(27MHz)・ブルー(27MHz)・ブラック(40MHz)の3色。レッドは定番色で、ブル
  ーは第4弾にしか設定がなく、ブラックは第6弾のみの設定でした。今回はブラックの
  みを入手。あとの2色はこれから探します。第6弾のヤフオクへの最初の出品は北海
  道と奈良からでしたが、今回も奈良からの出品でした。
NSX総グッズ数は4905点に。


▲つい先日ヤフーニュースで、ペヤング専用ホットプレートをヒットさせたライソンと
 いう会社が話題になっていましたが、ライソンはピーナッツ・クラブの家電部門が独
 立してできた会社です。ピーナッツ・クラブはゲームセンターの景品などバラエティ
 ー商品を販売している会社。ラジコンやぬいぐるみなどを中国から輸入し、ドン・キ
 ホーテやディスカウントストアに商品を卸しています。もともとは吉名電工という社
 名で、1970年代は車のオーディオ部品を製造。創業者から今のオーナーに代わった際
 に玩具店を始め、「殻を破る」という意味を込めて1986年に屋号をピーナッツ・クラ
 ブに変更。ライソンは、ゲームセンター以外の販路を担当していた営業部を独立させ
 家電量販店やホームセンター向けの商品を企画開発して卸す会社として発足したとの
 ことです(【参考】前述のペヤング専用ホットプレートの開発者である小口氏のイン
 タビュー記事)。「YSN/ピーナッツ・クラブ」コーナーに8枚の画像を掲載 しました。

  本日ヤフオクで落札終了していた感動倶楽部トミカ78-6-9。落札価格は6万円と
  相変わらず高額でした。意外とよくヤフオクで見かける感動倶楽部ですが、見かけ
  るたびに当時の注文書付きで落札し損ねた78-6-10のことが頭をよぎります…。

  最後にスーパーGT第7戦SUGO決勝の結果です。GT500ではModulo Epson大躍進!
  そしてGT300ではARTAが初勝利し、トータルランキングでもトップを独走です!!

 〈第7戦SUGO決勝結果〉※ポイントはチームランキング7戦の合計

 【GT500】(出走15台)
   2位 Modulo Epson NSX-GT(ナレイン・カーティケヤン/牧野任祐選手)40.5pt(10位)
   5位 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット選手)45pt(9位)
   8位 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン選手)45pt(8位)
   9位 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐選手)23pt(15位)
   12位 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也選手)46pt(7位)

 【GT300】(出走29台)
   1位 ARTA NSX GT3(高木真一/福住仁嶺選手)81.5pt(1位)
   10位 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/松浦孝亮選手)30pt(14位)
   13位 Modulo KENWOOD NSX GT3(道上龍/大津弘樹選手)36pt(12位)

9/23 昨日ご紹介した9月9日ヤフオク初登場のピーナッツ・クラブ(旧Y・S・N)の
  アミューズメント景品用NSXラジコン第7弾パッケージ
。これを発見した5日後に
  「おもちゃの三洋堂Eストア」さんで新商品として販売されていた別パッケージを
  偶然発見。比較的短期間でパッケージのモデルチェンジを繰り返すことで有名な
  このシリーズですが、さすがに発売時期が近すぎると思い、早速購入し確認してみ
  たところ、製造はピーナッツ・クラブですが、発売元がルイスヴァージジャパン
  いう別会社であることが判明。しかし、ルイスヴァージジャパンとピーナッツ・ク
  ラブの住所は同じ。ピーナッツ・クラブが、また新会社を作ったようです。カラー
  ラインナップは、第6弾とも第7弾とも異なるレッド(27MHz)・ホワイト(40MHz)
  ・ブラック(40MHz)の3色。今回のこの商品をピーナッツ・クラブ・アミューズメ
  ントNSXラジコンの第8弾パッケージ
として認定。
NSX総グッズ数は4908点に。


「YSN/ピーナッツ・クラブ」コーナーに11枚の画像を掲載しました。

9/24 9月19日にご紹介したM's Factoryさんの43トミカベースのカスタムトミカ
  Mobil1仕様032-01。43トミカベースのカスタムトミカでMobil1仕様は意外にも
  初かと思いきや、調べたら過去にありました。2019年7月16日にヤフオク初登場
  のT
omindoのカスタムトミカ「LIMITED ITEM Mobil1」です。記録はとって
  あったのですが掲載を忘れていました。高額だったため入札もせず、それきり見な
  くなってしまったのですが、偶然にも今朝再出品されていました。どうしよう…。


▲2019年7月16日ヤフオク初登場のTomindoカスタムトミカMobil1。未入手品です
 が資料として「43トミカ」コーナーに10枚の画像を掲載。(「ヤフオク!」より)

  9月16日にヤフオクに久しぶりに登場したトレードクラブの2次加工トミカ「浅草
  夜桜会」
。ヤフオク初登場は2013年10月で、その時は落札し損ねたのですが、2か
  月後に何とか入手できた思い出の品。今回は愛知県のリサイクルショップが出品し
  たもので、箱付きの完品ということもあり、開始価格1,000円からどんどん値を上げ
  最終的に51,000円(ショップなので税込55,080円)まで上昇し落札されました。


▲スカイライン系の彫り込み2次加工モデルが有名なトレードクラブの作品。

  こちらは狙っていて落札に失敗した昨日終了のチーム国光iPhone用スマホケース
  2018年第6戦でチームがポールトゥウインを飾ったときの記念グッズは色々発売さ
  れましたが、これもその時のグッズの1つ。30個限定の商品が1,900円終了は安い!


▲昨年11月27日にこの商品を買いそびれたことをここで記事にしていました。
 レイブリック×チーム国光の第6戦優勝記念グッズが10月に多数リリースされ
 ていたことに気がついたときには、時すでに遅く、この「RAYBRIG×TEAM
 KUNIMITSU iPhoneカバー(Win ver.)」(3,200円)は、完売していました。

9/25 2019年9月6日にヤフオクに初登場した「Modulo KENWOOD NSX GT3
  2019 ピンズ」
を落札し損ねて残念がっていたのですが、9月18日に「Modulo レ
  ーシングホイールピンズ」
とのセットで再出品されたのを発見。無事落札し、昨日
  入手できました。2016年8月に新型NSX用の純正オプションパーツの1つとして発
  表された「Modulo アルミホイール MR-R03」は、ホンダアクセスがスポンサード
  するスーパーGTチームへ2014年から供給しているホイールのレプリカモデルでし
  た。その「MR-R03」とデザインを共有する「Modulo レーシングホイール」をホ
  ンダアクセスがGT300向けに専用開発し、2018年2月にSUPER GT 2018シリーズ
  GT300クラスに参戦する34号車「Modulo KENWOOD NSX GT3」に装着して参
  戦することを発表。今回入手の「Modulo レーシングホイールピンズ」は、まさに
  その専用ホイールをデザインしたものと思われます。NSX総グッズ数は4910点に。


「ピンズ」コーナーに7枚の画像を掲載。

  こちらは落札し損ねた2019年スーパーGT第6戦で配布されていたうちわです。
  前年度と同様MOTUL無限NSXのスポンサーのSKFがピットウォークで配布して
  いたものと思われます。本日ステッカーとセットで500円で落札終了しました。


▲MOTUL無限NSX2019うちわ(「ヤフオク!」より)

9/26 9月19日にご紹介した9月18日ヤフオク登場のM's Factoryのカスタムトミカ
  
3種をすべて落札し昨日届きましたので、明日から1台ずつ詳細画像をご紹介していき
  たいと思います。撮影していてまず気がついたのは、43トミカの2台ともカーボンル
  ーフをボディ同色に加工していること。カーボン塗装を磨き落としたのか、ボディ同
  色塗装をしたのか、ぱっと見分かりませんが、なかなか手が込んでいます。おととい
  ご紹介したTomindoのMobil1カスタムトミカでもカーボンルーフはそのままです。


▲今回ヤフオクで落札したM's Factoryのカスタムトミカ3種。

  本日受注が開始されたアイドロン(メイクアップ)とスパークの新製品をご紹介。
  同スケールながらアイドロンの価格はスパークの4倍…1台のみ注文しました。
  スパークは同時受注開始の製品をすべて掲載しましたが、NSXは1種のみです。
  これも注文しましたが、しぶいというかマイナーなところを攻めていますね…。

  なお、アイドロン(メイクアップ)からは5月27日に受注を開始していた1/43「EM389
  NSX-R(NA2)2002」
3種が本日発売された模様。「EM389J ニューイモラオレンジ」
  「EM389K プラチナホワイトパール」「EM389L ライムグリーンパール」の3色です。

  最後に、本日海外からヤフオクに初登場した1/12アキュラNSX(マットブラック)
  ご紹介。オークションページの商品ジャンルではノレブとなっていますが、TSMっぽ
  いですね。TSMの1/12は、2017年12月1日発売のTSM161213ホンダNSX(ホワイ
  ト)を入手していますが、調べてみたらTSM161202アキュラNSX(ホワイト)が同時
  発売されていたらしく、さらにはTSM161212ホンダNSX(レッド)とTSM161201
  アキュラNSX(レッド)の発売が予告されたままこれまで放置されているようです。
  いずれにしても、このマットブラックバージョンはまったく未知の商品ですね…。

9/27 9月18日ヤフオク登場のM's Factoryのカスタムトミカ3種の中から43トミカ
  ベース「022-02 ルマン1995 84号車風」をご紹介。NSX総グッズ数は4911点に。


「43トミカ」コーナーに9枚の画像を掲載。

9/28 9月18日ヤフオク登場のM's Factoryのカスタムトミカ3種の中から43トミカ
  ベース「032-01 JGTC 1999 64号車風」をご紹介。NSX総グッズ数は4912点に。


「43トミカ」コーナーに9枚の画像を掲載。

  本日ヤフオク初登場の「モドQ」こと「チョロQモドキ」。過去に入手したものの
  中に似たものもありますが詳細は不明。他車との5台セットで開始価格1,000円。


▲本日ヤフオク初登場の「モドQ POLICEカー」。入札は様子見。
「チョロQ」コーナーに画像を掲載。(「ヤフオク!」より)

  

  

  
▲過去の入手品の一部です。左上の商品はボンネット上のシールが同じ。
 他の商品はボディ形状は異なりますが、カラーが同じように見えます。

9/29 9月18日ヤフオク登場のM's Factoryのカスタムトミカ3種の中からプレミアム
  ベース「033-01 JGTC 1999 64号車風」をご紹介。NSX総グッズ数は4913点に。


「トミカプレミアム」コーナーに9枚の画像を掲載。

  S2000乗りのN君から、9月25日に鈴鹿サーキットで8年ぶりに開催された「ルートKS
  鈴鹿フルコース走行会」
の画像が100枚近く送られてきたので一部を掲載させていただ
  きます。ルートKSデモカー5台の走行をはじめ「NSX fiesta」に負けない賑やかさです。

9/30 9月20日ヤフオク初登場の「TK-1912E RAYBRIG×TEAM KUNIMITSU
  iPhoneケースver.1(for7/8)」
を落札したのでご紹介。NSX総グッズ数は4914点に。


▲iPhone X用のTK-1912Xも現役の商品で定価は税込各2,500円。
 シャークデザインのver.2もTK-1915EとTK-1915Xの2種あり、
 価格も同じ。「その他のグッズ」コーナーに6枚の画像を掲載。

  本日より受注が開始された大物商品のご紹介。D&G(Davis Giovanni)1/18
  「DG180101A LB Performance ホンダ NSX パールホワイト」
(限定20台・
  101,000円)「DG180101B LB Performance ホンダ NSX マットクローム
  チタニウム」
(限定20台・105,000円)2種。D&Gはスーパーカーを中心に超
  精密モデルをリリースしている超高級ブランド。これはさすがに手を出せません。

10/1 9月14日にヤフオクに登場した謎のミニカーは「パートワークか食玩っぽい」と
  判断していたのですが、やはりデアゴスティーニのパートワーク商品であることが判明。
  その正体は、2018年8月に岡山・香川・福岡で試験販売されたデアゴスティーニ「隔週刊
  ザ・スーパーカー・コレクションNo.5 Honda NSX(2016)」
でした。ミニカーはIXO製
  で、全50種の刊行予定でNo.12までの車種が発表されていましたが、No.6をもって休刊
  となりました。9月14日に出品されたものはミニカーのみでしたが、9月20日にパッケー
  ジ未開封が出品され、これを落札し入手しました。
メジャーと一緒に撮影された画像に
  騙されて1/36スケールと判断したのですが、実物はパッケージの記載通り1/43である
  ことを確認しました(その画像だと120mm以上あるように見えるのですが、実際には
  もっと小さく104mm程度しかありません)。NSX総グッズ数は4915点になりました。


▲9月14日にヤフオクに初登場したデアゴスティーニ(IXO製)ミニカー。(「ヤフオク!」より)


▲IXO製NSXミニカーは多数確認されているもののIXOブランドで発売されたミニカーが
 1台もないためOEM先のコーナーにバラバラに掲載していましたが、今回も「デルプラ
 ド(扶桑社)/RAI'S(ヒコセブン)/IXO(PCT)」コーナーを「デルプラド(扶桑社)/デアゴ
  スティーニ/RAI'S(ヒコセブン)/IXO(PCT)」のように拡張し13枚の画像を掲載しました。

  なおデアゴスティーニでは「週刊 Honda NSX」なるものを10月15日から宮城と群馬
  で試験販売するとの情報が入ってきました。スケールは1/8というビックスケールです。
  初代なのか新型なのかは不明ですがコツコツ組み立てていくタイプの商品のようです。
  買い続けるととんでもない出費になるのも怖いですが途中打ち切りになるのも怖い…。

  8月9日に150,800円で落札され、ヤフオクでの安値記録を更新したセイコーアストロン
  NSXモデル
。歴代2位は8月29日の154,000円。歴代3位は昨年12月1日の171,000円。
  そして本日200,000円で落札されたものは歴代4位となります。世界限定200本となる
  NSX2019モデルは神奈川からの出品が続いているものの今のところ入札はありません。

10/2 2018年8月28日ヤフオクに初登場したマイスト1/24「SPECIALEDITION 2018
  Acura NSX」
。開始価格が送料込み6,000円と高かったため、Amazonで同じものを送料
  込み3,200円で発見し注文したところ、上海から中国語パッケージで送られてきたことが
  ありました。その後通常の英語パッケージになかなか巡り会えなかったのですが、9月17
  日、約1年ぶりにヤフオクに英語パッケージが送料込み3,200円で出品されたのを発見。
  それを無事落札し入手することができました。
NSX総グッズ数は4916点になりました。


「マイスト」コーナーに19枚の画像を掲載。

  ヤフオクでよく見かける長野のチョロQコレクターの方が、本日NSXチョロ91台をヤフ
  オクに一挙放出
。現在の当方のチョロQコレクション数は281点なので、それには及ば
  ないものの、画像を見ると91台の中に含まれるプログレッサ10台の中には当方未所有
  の商品も。それだけのために開始価格の69,800円で入札する勇気はありませんが…。

10/3 先月お世話になっているショップの方から頂いたサンリッチジャパン(TSM/TOP
  SPEED)のチラシ
をご紹介。片面はTSM1/43「Honda NSX 2017」5種(2016年10月
  5日発売のTSM164390ブルー/TSM164389レッド/TSM164388ホワイト/2017年の
  4月30日発売TSM430129シルバー/TSM430127ブラック)、もう片面はTOP SPEED
  1/18「Honda NSX 2017」2種(2017年5月31日発売のTS0061ホワイト/2017年8月
  31日発売のTS0062ブルー)の宣伝となっています。商品の発売時期から2016年の上旬
  ごろに作られたものと思われます。サイズはA4です。
NSX総グッズ数は4917点に。


▲サンリッチジャパンのチラシ。「カタログ・書籍」コーナーに画像を掲載。

  本日ヤフオクに初登場したJCCS(ジャパニーズ・クラシック・カー・ショー)記念Tシャツ
  2019年9月21日にカリフォルニアのロングビーチで開催されたこのイベントに、実際に
  参加して購入されたものとのことです。初代NSXはすでにクラシックカーなのですね…。


▲全国送料込み即決4,000円は安いかも。
 でも様子見…。(「ヤフオク!」より)

  最後に新作ミニカーのお知らせです。本日複数のショップからMINI-GT1/64「MGT
  00047-MJ ACURA NSX GT3 NY AUTOSHOW2016 LHD(北米限定ブリスター
  パッケージ)」
の新製品予約案内を頂きました。24個入り1カートンを購入するとチェ
  イスカーが1個入るとのこと。2,200円の商品をさすがに24個買う勇気はありません。

10/4 本日、10月23日から開催される「第46回東京モーターショー2019」で販売さ
  れる記念トミカ
が発表され、その中にNSXがあることが判明しました。セット画像も
  掲載しましたが、もちろん単品でも販売されます(各770円税込)。他にも新作の先行
  販売も行われる模様。さっそくヤフオクにも予約販売という形で出品されています。


▲ボディカラーは2018年10月に発表されたマイチェンモデルをイメージした
 イモラオレンジパール。しかし、このマイチェンモデルの特徴の1つである
 フロントグリルのボディ同色化が再現されていないのはちょっと残念です。


▲タカラトミー公式サイトより

10/5 一昨日ご紹介したMINI-GT1/64「MGT00047-MJ ACURA NSX GT3 NY
  AUTOSHOW2016 LHD(北米限定ブリスターパッケージ)」
の新製品案内データを
  入手(データと言ってもスクリーンショットですが…。ちなみにこういうものはコレク
  ション数にはカウントしていません)。1カートンを購入すると入手できるチェイスカー
  の画像も入手できました。1カートン48,000円…。単品を1台注文しました…(笑)。


▲今月中に発売される模様です。

  9月7日に発売されたアストロンNSXモデルのセイコーウオッチサロン専用モデルである
  「セイコーアストロン レボリューションラインSBXC039 Honda NSX 2019 限定モ
  デル」
。当サイトでは8月22日にパンフレットの入手を、8月27日にヤフオク初出品の
  発見報告(予約販売)をさせていただきましたが、本日その商品が値下げされ再出品され
  ました。定価50万円(税別)のところ、当初の開始価格は518,000円だったものが、一気
  に46万円までダウン。本日の「5のつく日キャンペーンクーポン」を使えば、さらに5%
  引きで23,000円も安くなるのか!と思ったらこのクーポンの値引き上限額は1,000円
  でした。まあ、いずれにしても入札する勇気も経済力もないのですが…。終了日は明日。

10/6 10月1日にチラリとお知らせしたデアゴスティーニ「週刊 Honda NSX」
  正式発表を今か今かと待っているのですが、なかなか続報がありません。公式サイト
  で、なぜかオートアート製のNSXミニカーが他の車種と一緒に予約販売されているこ
  とを本日初めて知ったのですが、2018年11月に販売された「ホンダNSX2016」
  同じ商品に見えます。予約締切は2020年1月31日となっていますが今のところ注文
  の予定はありません。「週刊 Honda NSX」で登場すると言われている組み立て式
  の1/8大型モデルもオートアート製なのでしょうか。そこは気になるところですね。

  最後にヤフオクからのニュース。山梨のコレクターの方が大量にトミカを出品されていて
  本日NSXトミカが多数高額落札されていました。アイアイアド特注は以前は結構安く買え
  たのですが高くなりました…。逆に首都高バトル特注の相場は落ち着いてきた印象です。

10/7 いつもお世話になっているショップの方から先月頂いたサンリッチジャパンの
  チラシを3日にご紹介しましたが、もう1枚貴重なチラシを頂いていました。エブロ
  1/43「NSX CONCEPT-GT 2016」のチラシ
です。201年8月4日に受注が開始され
  たこの商品は未だ発売されていません。1/18のリリースも発表されていたのですが、
  2015年仕様は両スケールで発売されたものの、2016年仕様を飛ばして2017年仕様
  と2018年仕様の1/43シリーズが大幅に遅れて発売されただけで、1/18にいたっては
  2015年仕様以降まったく発売されていません。この2016年仕様のNSX CONCEPT-GT
  モデルは完全に幻状態なのです。2016年仕様の1/64市販車バージョンは正式に発売
  中止が発表されていましたが、なぜかこのモデルではそのようなアナウンスがありま
  せん。いつかは販売するつもりがあるのでしょうか…。
NSX総グッズ数は4918点に。


▲エブロ1/43NSX CONCEPT-GT2016のチラシ。
カタログ・書籍」コーナーに画像を掲載。

10/8 昨年5月に受注を開始したメイクアップ(イデア)1/18「ホンダNSX-R
  (NA1)1992」
4色(29,800円税別)が本日発売になった模様です。お世話になっ
  ているショップから、取り置きしてもらっているGTスピリットのLB☆ワークスと
  一緒に送っていただく予定です。どちらも箱が大きいらしいので別便で届く予定。


▲2019年4月23日に受注を開始したIM006E〜Hが発売されたのかと思っていたら、
 もっと前の2018年5月18日に受注を開始したIM006A〜Dでした(上画像は受注開始
 当時の注文書)。4種中1種だけ注文したのですが何を注文したのか忘れました(笑)。

10/9 10月1日にヤフオクで入手したことをお知らせしたデアゴスティーニ「隔週刊
  ザ・スーパーカー・コレクションNo.5 Honda NSX(2016)」
。未開封のまま保管して
  あるのですが、中身を確認したい気持ちもあり、悩んでいるところへ10月7日に開封
  済みの商品(パッケージなし)がヤフオクに出品されました。昨夜が終了日だったの
  ですが迷った末に見送りました。落札価格は3,100円。画像だけ載せておきます…。


▲デアゴスティーニ「隔週刊ザ・スーパーカー・コレクション
 No.5 Honda NSX(2016)」開封品。(「ヤフオク!」より)

  9月18日に発売をお知らせしたGT SPIRIT1/18「HONDA NSX Customized
  car by LB☆WORKS レッド」
ですが、ネットショップ上では12月発売予定との
  表示が多いイエローモデルの発送案内をメーカーがショップに送ったという情報が
  入りました。発売前倒しでしょうか?詳細分かり次第ご報告させていただきます。

10/10 最近やたらとヤフーニュースで見かける「○○○な車・○選」という記事。
  本日は「警察車両に採用された名車5選」という記事が掲載されていました(ソー
  スは「くるまのニュース」)。R35GT-R、初代NSX、インプレッサSTi、R33GT-R
  40th アニバーサリー、キザシの5台が選ばれて、SNSでも話題になっていました。
  記事自体はNSXという車の基本的説明がメインで、あとは「1992年にホンダから
  栃木県警へ寄贈されて話題になった」という超簡単な説明だけで拍子抜けでしたが
  SNSで「NSXのパトカーと言えばトライドロン」というネタが多くて笑えました。

10/11 本日ヤフオクに海外からすごいNSXミニカーが初登場しました。その名も
  「VF-1S NSX」。あのSFアニメの名作『超時空要塞マクロス』に登場する可変戦
  闘機をモチーフにした1/43モデルです。NBMという聞いたことのないメーカーの
  商品で、調べてみると驚くべきことにこのミニカーには実車が存在し、アメリカ・
  ラスベガスで開催されたSEMAショー2017にも出展されていた模様。ネット上に
  は動画もあり、そのこだわりようには所有者の強烈なマニアぶりがうかがえます。


▲限定500台の商品とのことでe-Bayにも出品されているのを確認しました。(「ヤフオク!」より)

 

 
▲ネット上にある実車の画像(インスタグラム?)もスゴイです。左下の2019年カレンダー
 の画像から、実車が今も現役であることがうかがえます。また右下のショップ(ガレージ?)
 内の画像からは、実車のホイールがミニカーでも忠実に再現されていることが分かります。

  お世話になっているショップからGT SPIRIT1/18「HONDA NSX Customized
  car by LB☆WORKS レッド」
と、メイクアップ(イデア)1/18「ホンダNSX-R
  (NA1)1992」
が本日届きました。明日以降ご紹介させていただきたいと思います。

  最後に本日発売のミニカーをご紹介。4月26日に受注を開始したMINI-GT(TSM)1/64
  「MGT00051-L Honda NSX GT3 スパ 24時間 2018 #30 Hondaレーシング」
  
「MGT00052-L Acura NSX GT3 IMSA ワトキンスグレン2017 #86アンクルサ
  ム」
1/43「TSM430385 2017 Acura NSX GT3 #93 IMSA 6Hours of
  Watkins Glen Myer Shank Racing」
の計3種。いずれもショップに注文してあ
  るのですが、いつものように取り置きしていただいて後日送っていただく予定です。

10/12 10月1日と6日にここで触れたデアゴスティーニ1/8「週刊Honda NSX」
  ですが、昨日公式サイトで正式に発表された模様。さっそくアクセスしたところ、
  10月15日創刊で、ミニカーは初代NSXであることが判明。さらに第25号まで定期
  購読をするとNSXオリジナルアイテム3点セットがプレゼントされるとのことで、
  これは申し込まねばと「定期購読」をクリックすると、「本シリーズの定期購読お
  申込受付は終了しました」とのメッセージ。ええ−っウソでしょ!?デアゴスティ
  ーニの定期購読申し込みは基本的にシリーズ途中からでも可能なはずなのですが、
  試験販売だから一瞬で打ち切ってしまったのでしょうか?それとも創刊直前という
  ことで「準備中」の代わりに表示されているだけなのでしょうか?お客様受注セン
  ターは、台風19号接近による臨時休業のため確認することもできませんでした…。


▲創刊号は税込499円。第2号から第100号までは税別1,660円なので税込1,826円(上記の予告画像
 の1,790円の表記は企画段階のものでしょうか?)。トータル価格は税込181,273円!18万円以上す
 るミニカーが販売されていても普通は買いませんよね。注文し損ねて正解だったかもしれません…。

10/13 先日届いた9月18日発売GT SPIRIT1/18「HONDA NSX Customized
  car by LB☆WORKS レッド」
を開封しました。発泡スチロールケースにがっちり
  固定されており、こういう場合そのまま撮影して仕舞ってしまう場合も多いのです
  が、今回はきちんと確認したいモデルだったのでドライバーで外して撮影しました。
  一昔前はダサいイメージしかなかった後付けオーバーフェンダーですが、何の違和
  感もなくボディラインに溶け込んでいるのが素晴らしいです。新型NSXミニカーの
  現時点での究極モデルは、これではないでしょうか。NSX総グッズ数は4919点に。


「その他のミニチュアカー」コーナーに95枚(!)の画像を掲載。

  さて、昨日おしらせしたデアゴスティーニ1/8「週刊Honda NSX」の続報です。
  昨日は台風のため臨時休業していたお客様受注センターに問い合わせたところ、本
  日は無事つながりました。結論から言うと、宮城・群馬限定の試験販売なので、そ
  れ以外の地域の方は、配達される定期購読であっても購入できないとのこと。公式
  サイトから会員登録する時に、宮城・群馬在住であれば定期購読登録ページにきちん
  とつながるそうです。店頭での販売のみならず、通販での定期購読も地域が限定さ
  れることを初めて知りました。宮城・群馬に知人もいないので全国販売を待ちます。

10/14 先日届いた9月18日発売メイクアップ(イデア)1/18「IM006Cホンダ
  NSX-R(NA1)1992 ベルリナブラック」
を開封しました。といってもいつもように
  厳重にラップでパックされていたため画像以上の開封は断念。ラップ越しの撮影なの
  でモデルの特徴など一切分かりませんがご容赦を…。NSX総グッズ数は4920点に。


▲当初の発売予定日から1年以上過ぎてやっと発売された
 「IM006CホンダNSX-R(NA1)1992ベルリナブラック」。
 同時発売の残りの3色は経済的事情により未購入(笑)。
「MAKE UP」コーナーに13枚の画像を掲載。

  最後にエブロから新商品発売のお知らせ。以下の1/43モデル5種が今月18日です。

10/15 何気なくamazonのNSX関連商品の新製品をチェックしていたら、新型NSX
  のマイチェン版のミニカーが予約受付中になっていました。その正体はメイクアップ
  (アイドロン)1/43「EM475ホンダNSX(NC2)2018サーマルオレンジパール」

  amazonでの取扱開始日は9月2日で、発売予定日は12月31日になっています。メイ
  クアップはもちろん、onemodelなどの特殊なメーカーを除き、たいていのメーカー
  のNSXミニカーの新製品情報は把握しているつもりでしたが、これは完全ノーマーク
  でした。価格は税込30,800円(送料無料)。相変わらずメイクアップは高いですね。


▲メジャーなメーカーの商品としては初のNC2ミニカー。(「amazon」より)

10/16 昨日ご紹介したメイクアップ(アイドロン)1/43「EM475 ホンダNSX
  (NC2)2018 サーマルオレンジパール」
は完全にこちらのチェック漏れでした。
  間違いなく9月2日にメーカーから受注案内が出ていましたので遅ればせながら掲載
  させていただきます。限定50台の希少モデル。税別28,000円なのでamazon価格は
  定価であることが分かりますが、送料無料であることを考えると悪くはないかも。

10/17 本日ルートKSさんが多数のNSX(NC1)用エアロをヤフオクに出品されて
  注目したのですが、現在出品中の44点(重複した商品もあり)中、本日の出品は
  12点で、他は13日に出品されたものでした。一番高いのはDKエアロ10点キット
  で1,497,200円。一番安いボンネットフィンでも59,000円します。個人的には
  複雑な形状をしたGTウィング(222,000円)がなかなかカッコイイと思うので
  すが、残念ながらいずれも縁がなさそうです。ホンダ車以外にもランボルギーニ・
  ガヤルドやトヨタMR-S、日産キューブなどのパーツも出品されているのが意外。

  さて、タカラトミーより本日発表された12月発売予定のトミカ新商品情報です。
  「トミカスピードウェイGO!GO!アクセルサーキット」(7,800円税別)に、特別
  色のベルリナブラックNSXが付属します。子どもが小さかったときは、こういう
  商品も迷わず買っていましたが(トミカ以外は誕生日やクリスマスプレゼント用
  に保管しておくという…)今回は見送り。ヤフオクではバラしての出品が多数出
  るでしょうね。トミカが3,800円、コースが5,800円くらいの開始価格と予想。


▲発売後しばらくすれば相場は落ち着くと思いますが、初回版にしか付属しないとなると厳しいかも…。
(「タカラトミー」公式サイトより)

10/18 10月14日に10月11日に各ショップに送られたエブロの新商品発想予定表
  を掲載させていただき、本日が1/43ミニカー5種の発売日となっていたわけですが、
  昨日ショップに、5種中2種の発売延期の連絡があったようです。今回の2種を含む、
  昨シーズンの鈴鹿10H仕様の3種については、今年の鈴鹿10H会場で限定パッケージ
  と共に通常パッケージも先行販売されていたという情報も得ているのですが、現物は
  画像でも確認していません。通常パッケージ先行販売の情報自体が間違いなのか、先
  行販売したものに最近になってスポンサーロゴの間違いや漏れが発見されたのか…。

  さて、9月18日に発売され10月13日にやっとここでご紹介できたGT SPIRIT1/18
  「HONDA NSX Customized car by LB☆WORKS レッド」
ですが、12月発売と
  の情報もあった限定500台のイエローバージョンが本日各ショップに入荷した模様。
  しばらく取り置きしていただくため、後日また改めてご紹介させていただく予定です。


▲6月26日に受注を開始したGT SPIRIT1/18「HONDA NSX Customized car by LB☆WORKS イエロー」。
 9月下旬に京商から発売予定でしたが(限定500台中250台が京商扱い)遅れて本日発売。「2019.4.26配信」
  とプリントされているのは「2019.6.26配信」の表記ミス ?。(画像は受注開始時の「業者用注文票」より)

10/19 2019年2月に「レトロエンターテイメントアソート」と共に海外で発売され、
  3月30日から国内で発売されたHW「Car Culture Bアソート Open Track ACURA
  NSX GT3」
。短期の限定販売かと思いきや、昨日出張帰りに立ち寄った地元のトイザ
  らスに再入荷しているのを発見。かつてヤフオクで入手した国内販売品の製造日刻印
  は、パッケージ裏面もミニカーの裏板も「M03」でしたが、昨日店頭で確認したのは、
  パッケージ裏面「M03」・裏板「M02」の商品と、パッケージ裏面も裏板も「M06」
  の2タイプでした。購入はしていません。ちなみに7月にアメリカから取り寄せた商品
  はパッケージ裏面「L49」・裏板「L47」でした。まだまだ在庫があるみたいですね。

  ※HW(ホットウィール)の製造日刻印の意味…アルファベットは「A」が2008年、「B」
   が2009年、「C」が2010年を表し、最新の「M」が2019年を表しています。1つず
   れているのは「I」が抜けているからです(本来「I」となるはずの2016年が「J」に
   なっています)。おそらく数字の「1」と間違いやすいからだと思われます。アルフ
   ァベットに続く数字は、その年の何週目に製造されたかを表しています。「L47」で
   あれば、2018年47週目(11/25〜12/1)の製造、「M06」であれば、2019年6週
   目(2/4〜2/10)製造ということ。つまりこの商品は、昨年11月末から2か月以上に
   わたって製造されていたことが分かります。裏板の刻印は2017年頃から、それまで
   の刻印と白文字や黒文字での印刷が混在しています(この商品は白文字印刷です)。


▲画像は2019年4月にヤフオクで入手したHW「Open Track ACURA NSX GT3」
 の国内販売版です。現在もトイザらスで販売されているのを昨日確認しました。

10/20 ヤフオクに本日出品された新型NSXのリアバンパー(アンダーカバー付き)。
  若干傷みがあるようですが3万円は激安なのでは…!?オブジェとして購入するのも
  ありなのでは…!?と心が揺れ動きましたが、なんとか自制しました(笑)。ちなみに
  同時に取り外したと思われるテールランプも出品されましたが、そちらは12万円。


▲NSX(NC1)の中古リアバンパーが激安出品。(「ヤフオク!」より)
※しばらく入札がありませんでしたが11月7日に両方とも開始価格で落札されました。

10/21 9月18日にアメリカからヤフオクに出品されたフランスのMOG MODELES
  1/43「HONDA NSX 1991」
。そこそこ高かったものの、送料込みの価格で、珍し
  いものだったので、その日のうちに即決落札してしまいました。支払いから到着まで
  長くて24日ほどかかるという説明でしたが33日後の本日やっと到着。しかもキャノ
  ピー部分は外れるは、出品画像で直立していたアンテナは90度曲がっているはで、
  結構問題あり。しかし、キャノピーは脱着可能と思えばあまり気にもならず、アンテ
  ナは指で何とか復元できたので、まあよしとします。最近の3Dスキャンを使ったリ
  アルモデルと比べると、いかにも昔のレジン製ガレージキットらしいユルユルのディ
  テールに驚かされますが、これはこれで味わいあり。NSX総グッズ数は4921点に。


▲MOG MODELES1/43「HONDA NSX 1991」をアメリカから取り寄せ。
「その他のミニチュアカー」コーナーに44枚の画像を掲載。


▲2006年11月にフランスのコレクターから入手したMOG MODELESのガレージキットの画像
 (「プラモデル」コーナーに掲載)。今回入手した商品はこのキットの完成品と思われます。

  次に新商品のご紹介です。onemodel1/18「19D07-01 HondaNSX-R GT
  ”Spoon Racing”」
の受注が本日開始された模様です。Spoon仕様のストリート
  バージョンのホワイトとレッドの発売も以前告知されていましたが、現在未発売。


▲モデルガレージロムさんで予約受付中。税込39.380円。様子見です…。

  次も新商品の受注開始のお知らせ。アイドロン(メイクアップ)1/43「EM470」
  シリーズに新色追加
です。「EM470」シリーズは、2018年3月に受注を開始し、
  2018年7月に4色が発売された「EM388(NSX-R(NA1)1992)」シリーズ(2018
  年9月に追加発売された4色をあわせて計8色発売)をベースに、ノーマルの5本ス
  ポークホイールをオプションの7本スポークホイールに変更したもので、2019年
  8月に4色の受注を開始していました(現在未発売)。今回の商品はそれに続く追
  加カラー4色です。すべて30台限定。高額モデルなので、1色のみ注文しました。

  次にヤフオクから注目商品のご紹介。まずは2008年6月登場の「みにか堂オープン
  記念トミカ」
です。長野のミニカーショップが開店当時に3,000円以上お買い上げ
  のお客さん先着50名のみに配布され、近所の子どもしか入手できなかったと言われ
  ている希少モデルです。昨日からわずか1日の出品だったにもかかわらずこの価格。
  関係者のみに配布された20台限定のパトカー(120-3)バージョンも存在します。


▲「みにか堂オープン記念トミカ」(「ヤフオク!」より)
※11月4日に同じ兵庫県の出品者の方が、開始価格100円で
 もう1点出品。11月8日に9,020円で落札されていました。

  最後に、先日から何度かお伝えしている、10月15日に宮城と群馬で試験販売が開始
  されたデアゴスティーニ1/8「週刊Honda NSX」のヤフオク出品情報です。宮城の
  方が18日に1点、20日に2点の計3点を出品され、本日が終了日だったのですが、前
  者が1,800円、後者が各1,000円で落札されました。実は私もそのうちの1点を試し
  に落札したのですが、今後も出品が続くと、それはそれできついですね…。なんとい
  っても全100号の刊行が予定されているので、全国版の刊行が始まったら全200巻!
  試験販売版100巻を定価購入するだけで18万円以上するので、ヤフオクで送料まで
  払って集めるのは無理。全国版を送料無料の定期購読で入手するのが限界かと…。


▲「デアゴスティーニ 週刊 Honda NSX」(「ヤフオク!」より)

10/22 11日にご紹介したヤフオク初登場のNBM1/43「VF-1S NSX」。実は出品
  から2時間後に即決落札していたのですが、本日無事到着。昨日ご紹介の商品はアメ
  リカから33日間かけて届きましたが、今回の商品は中国の福建省福州市から11日間
  かけて届きました。市販のミニカーをベースにしたプライベートモデル的なものを
  予想していたのですが予想以上のクオリティ。もしかしてベースなしの完全オリジ
  ナルモデル?パッケージもなかなか本格的な商品。NSX総グッズ数は4922点に。


▲1/43のNA2のミニカー自体、エブロ、MIRAGE、WIT'S、MARK、メイクアップくらい
 しかないのに、このモデルのような左ハンドル仕様となると皆無のはず。販売元のNBM
 は個人に近い小規模なメーカーと思われますが、完全オリジナルモデルとして開発した
 のでしょうか…?
「その他のミニチュアカー」コーナーに17枚の画像を掲載しました。

  サイトの更新に夢中になっていたら入札を忘れ落札し損ねた20日にヤフオクに初登場の
  モーターマックス1/18「アキュラNSXレッド」。ブルーパッケージはトイザらス版のみ
  所有しており通常版は探していたのでショック。落札価格も2,900円とリーズバブル。


▲2019年10月20日にヤフオクに登場し、本日落札し損ねたモーターマックス1/18。

  
▲ここからは入手済みの1/18モーターマックスのご紹介。左から同じパッケージのイエロー(2008年ヤフオクで入手)
 /トイザ版のレッド(2006年ヤフオクで入手)/1500台限定パッケージのレッド(2006年フランスから取り寄せ)


▲2016年にヤフオクに登場し、1年後に落札して入手したイエロー。

10/23 ヤフオクで入手したデアゴスティーニ1/8「週刊Honda NSX」の創刊号が
  本日届きました。開封済みのものを購入したので、遠慮なく中身をチェックしていく
  と、定期購読を勧めるページを発見。どうせ群馬と宮城限定なんでしょ?とQRコード
  から入って試しに手続きをしてみたら…あれ?普通にできてしまったのですが…!?
  調べてみると、地域限定の試験販売品でも、定期購読に限り販売当初のみ他県からの
  注文を受け付けている
らしいのです。人気商品だと発売から1〜2日で制限がかかるこ
  ともあるらしいので、発売から1週間以上たっても制限がかかっていないこの商品は、
  よほど不人気なのでしょうか…?というわけで恐ろしい第一歩を踏み出してしまいま
  した。なお週刊の商品の定期購読の場合、毎週配達されるわけではなく、2週間分、
  または1か月分がまとめて発送されるそうです。せっかちな人にはデメリットかもし
  れませんが、読者全員プレゼントを手に入れるために、第25号までのパッケージの
  応募券を毎回切り取って応募はがきに貼って送るという作業が不要になるのは、大
  きなメリットだと思います。ちなみにプラモデルやラジコンなど、ほぼすべて未組
  み立てのまま保管するのが私のスタイルですが、この商品に限っては作ってみたい
  気持ちがかなりあります。ただし途中で廃刊になったら悲惨なので、100号揃って
  から作り始めたいと思います(老後の楽しみ?)。NSX総グッズ数は4923点に。


▲ミニカー部分を作っているメーカーが不明のため、とりあえず
 「その他のミニチュアカー」コーナー の「デルプラド/デアゴスティーニ/
 RAI'S(ヒコセブン)/IXO(PCT)」
コーナー に28枚の画像を掲載。

10/24 本日はヤフオクで入手した地味めのNSXグッズのご紹介。タミヤのラジコン
  のパッケージをデザインした当時物の消しゴムです。
NSX総グッズ数は4924点に。


▲ビニールのかかった未使用新品でサイズは2.5×4.7×1.0cm。
「その他のグッズコーナー」に画像を掲載。

  10月4日に情報をご紹介した、昨日から開催の「第46回東京モーターショー2019」
  の記念トミカ
が本日一斉にヤフオクに登場。定価は770円(税込)ですが、ヤフオク
  の相場は1,000〜1,600円というところ。1,000円を切ったときが買い時でしょう。

  10月3日に受注を開始し10月5日にその詳細をお知らせしたMINI-GT1/64「MGT
  00047-MJ ACURA NSX GT3 NEWYORK AUTOSHOW2016 LHD(北米限定
  ブリスターパッケージ)」
が本日発売されました。ショップに取り置きをお願いして
  あるので届き次第ご紹介させていただきます。チェイスカーのヤフオク登場に期待。


▲10月5日にご紹介した注文書。

10/25 10月16日にヤフオクに初登場。23日に落札して入手した「ドラゴモデューロ
  NSX CONCEPT-GT 2015」
キーホルダー。世界各国のモータースポーツオフィシャル
  グッズを扱うユーロスポーツ製で当時の価格は1,300円(税込)。定価以下で購入できま
  した。プレート部分のサイズは
3.0×5.0cmと結構大きめ。NSX総グッズ数は4925点に。


「キーホルダー・ストラップ」コーナーに画像を掲載。

10/26 昨日ご紹介したものとは別にヤフオクでチーム国光のストラップ3種を入手
  しましたのでご紹介します。チーム国光は10周年を迎えた2006年からピンズやスト
  ラップを製作し、ピットウォーク等で配布しています。ストラップやリングキーホル
  ダーのほか、今回の3種(2008年・2001年・2015年)のような、その両者を組み合わ
  せたリングキーホルダーストラップも存在します。種類が多すぎて、どの年にどのよ
  うな商品が存在したのか完全に把握しきれていません。
NSX総グッズ数は4928点に。


▲チーム国光2008リングキーホルダーストラップ


▲チーム国光2011リングキーホルダーストラップ


▲チーム国光2015リングキーホルダーストラップ
「キーホルダー・ストラップ」コーナー を年代別に見やすくしました。

10/27 GWの頃からヤフオクに出品されていた「Honda NSX-GT2019応援フラ
  ッグ」
。ずっと様子見していたのですが、最初の出品から価格が3分の1に下がった
  ので落札しました。当サイトの「フラッグ」コーナーに新グッズが追加されるのは、
  なんと11年2か月ぶりです。サイズは20.0×31.7cm。
NSX総グッズ数は4929点に。

10/28 一昨日から昨日にかけて福井のミニカーショップ・ロビンソンさんが、31
  日発売予定のonemodel1/18と1/12ミニカー
をヤフオクに大量出品。ヤフオクでは
  何度かお世話になったことのあるショップで、欲しいと言えば欲しいモデルなのです
  が、いずれも高額商品ばかりで手が出せません。ロケットバニーシリーズなどの過去
  に発売された商品もウォッチリストに入れて毎日指をくわえて眺めています(笑)。


▲ロビンソンさんのヤフオクに出品されているミニカーの数々。欲しいものばかりなのですが…。

【10月31日発売予定のonemodelミニカー一覧】

  1/18「19B05-01 LB-WORKS HONDA NSX ホワイト」(特別パッケージ仕様50台限定・40,480円税込・2019年3月30日受注開始)

  1/18「19B05-03 LB-WORKS HONDA NSX レッド」(特別パッケージ仕様50台限定・40,480円税込・2019年3月30日受注開始)

  1/18「19B05-05 LB-WORKS HONDA NSX ブラック」(特別パッケージ仕様50台限定・40,480円税込・2019年3月30日受注開始)

  1/18「19A03-01 ホンダ NSX 2015 ホワイト」37,18円税込 ・2018年9月7日受注開始)

  1/18「19A03-02 ホンダ NSX 2015 ヌーベルブルーパール」(37,18円税込・2018年9月7日受注開始)

  1/18「19A03-03 ホンダ NSX 2015 バレンシアレッドパール」(37,18円税込・2018年9月7日受注開始)

  1/18「19A03-04 ホンダ NSX 2015 ベルリナブラック」(37,18円税込・2018年9月7日受注開始)

  1/12「17C05-01 ホンダ NSX NA1 チャンピオンシップホワイト」(70,620円税込)

  1/12「17C05-02 ホンダ NSX NA1 ロングビーチブルーパール」(70,620円税込)

  1/12「17C05-03 ホンダ NSX NA1 ニューフォーミュラレッド」(70,620円税込)

  1/12「17C05-05 ホンダ NSX NA1 ベルリナブラック」(70,620円税込)

  1/12「17C05-07 ホンダ NSX NA1 シルバーストーンメタリック」(70,620円税込)

  1/12「17C05-08 ホンダ NSX NA1 スパイエローパール」(70,620円税込)

  1/12「17C05-17 ホンダ NSX NA1 イモラオレンジパール」(70,620円税込)

10/29 昨日ご紹介したばかりの31日発売予定のonemodel1/18と1/12ミニカー
  ですが、ミニカーショップ・ロムさんから本日頂いたメルマガによると、1/18
  「19A03-01 ホンダ NSX 2015 ホワイト」と
1/12「17C05-03 ホンダ NSX
  NA1ニューフォーミュラ レッド」
のみ本日入荷したようです
。残りは31日までに
  発売されるのか、それともロムさんがたまたまこの2種にしか発注をかけていなか
  ったのか、はたまた今回はこの2種だけの発売で終わってしまうのか…注目です。

  いつもお世話になっている神奈川のコレクターのK氏から、NSXトミカの最新情報
  を頂いたので掲載させていただきます。先日、ヤマダ電機でトミカプレミアム
  「H1019」(2019年8月10日製造)を発見したとのこと。現在確認されている中で
  の最新版ですね。4本のホイール内黒部分が艶ありだったとのことですが、そこに
  注目したことはなかったので、今度自分が入手できたら早速比較してみたいと思
  います。通常品「G0419」(2019年7月4日製造)と「H0119」(2019年8月1
  日製造)の存在を確認され、中身のモデルに違いがないことも確認されたそうです。

10/30 ヤフオクに本日初登場したNSX-Rレプリカホイール(17inch×2・18inch×2)。
  純正は高いということで製作されたようですが、それでも開始価格は27万円します
  (センターキャップ別・送料無料)。しかし鋳造ではなく、純正と同じ鍛造ということ
  なのでBBSを買うよりはお得かも。法的に問題ないのかがちょっと心配ですが…。

10/31 先日から何回かご紹介している東京モーターショー記念のNSXトミカですが、
  ヤフオクでは開始価格が1,000円未満の商品も増え、即決価格978円というものも
  現れました。私は結局お世話になっているショップの方に買ってきていただきまし
  た(店主A様には本当に感謝!)。この方からの情報では、NSXのオレンジのボディ
  カラーには濃いものと薄いものの2タイプが存在するらしいとのこと。今回購入さ
  れたものはすべて同じ濃さだったそうですが、ヤフオクで数点購入して比較してみ
  るのも面白いかも。ロット違いによる個体差と思われますが、ちょっと楽しみです。

トップページに戻る